manapedia
更新日時:
徒然草冒頭「つれづれなるままに〜」の現代語訳と解説・品詞分解
著作名: 走るメロス
363,132 views
徒然草

このテキストでは、徒然草の冒頭「つれづれなるままに」から始まる部分の原文、現代語訳・口語訳とその解説・品詞分解を記しています。書籍によっては、「徒然草の序文」とするものもあるようです。



※徒然草は兼好法師によって書かれたとされる随筆です。清少納言の『枕草子』、鴨長明の『方丈記』と並んで「古典日本三大随筆」と言われています。

原文

(※1)つれづれなるままに、日暮らし、硯にむかひて、心に(※2)うつりゆくよしなしごとを、そこはかとなく書きつくれば、(※3・4)あやしうこそものぐるほしけれ

現代語訳(口語訳)

することもなく手持ちぶさたなのにまかせて、一日中、硯に向かって、心の中に浮かんでは消えていくとりとめもないことを、あてもなく書きつけていると、(思わず熱中して)異常なほど、狂ったような気持ちになるものだ。

品詞分解

※名詞は省略しています



つれづれなるナリ活用の形容動詞「つれづれなり」の連体形
まま
に、格助詞
日暮らし、副詞
格助詞
むかひハ行四段活用「むかふ」の連用形
て、接続助詞
格助詞
うつりゆくカ行四段活用・連体形
よしなしごと
を、格助詞
そこはかとなく形容詞・ク活用・連用形
書きつくれカ行下二段活用・已然形
ば、接続助詞
あやしう形容詞・シク活用・連用形のウ音便
こそ係助詞
ものぐるほしけれ。形容詞・シク活用・已然形


単語・文法解説

(※1)つれづれなる形容動詞「つれづれなり」の連体形。することがなく手持ち無沙汰である
(※2)うつりゆく「うつりゆく」の連体形。浮かんでは消えてゆく
(※3)あやしうあやし」の連用形のウ音便。ここでは「異常である」と訳す
(※4)あやしうこそものぐるほしけれ「こそ」は係助詞、「ものぐるほしけれ」は「ものぐるほし」の已然形。よってここでは係り結びとなっている


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。