manapedia
更新日時:
宇治拾遺物語『検非違使忠明』(これも今は昔、忠明といふ〜)の品詞分解(助動詞・動詞・活用など)
著作名: 走るメロス
28,826 views
検非違使忠明のこと

このテキストでは、宇治拾遺物語に収録されている、『検非違使忠明のこと・けびいしただあきらのこと』(これも今は昔、忠明といふ検非違使ありけり〜) の品詞分解を記しています。



この話は今昔物語集にも収録されていますが、宇治拾遺物語のものとは若干、内容が異なります。また、書籍によっては「検非違使忠明」と題するものもあるようです。

※品詞分解:今昔物語集ver.『検非違使忠明』の品詞分解

※現代語訳:宇治拾遺物語『検非違使忠明のこと』(これも今は昔、忠明といふ〜)

品詞分解

※名詞は省略しています。

これも今は昔、忠明といふ検非違使ありけり。それが若かりける時、清水の橋のもとにて京童部どもといさかひをしけり。

これ
係助詞
係助詞
昔、
忠明
格助詞
いふハ行四段活用「いふ」の連体形
検非違使
ありラ行変格活用「あり」の連用形
けり。過去の助動詞「けり」の終止形
それ代名詞
格助詞
若かり形容詞・ク活用「わかし」の連用形
ける過去の助動詞「けり」の連体形
時、
清水
格助詞
格助詞
もと
にて、副助詞
京童部ども
格助詞
いさかひ
格助詞
サ行変格活用「す」の連用形
けり。過去の助動詞「けり」の終止形



京童部、手ごとに刀を抜きて、忠明を立てこめて殺さむとしければ、忠明も太刀を抜きて、御堂ざまに上るに、

京童部
手ごと
格助詞
格助詞
抜きカ行四段活用「ぬく」の連用形
て、接続助詞
忠明
格助詞
立てこめマ行下二段活用「たてこむ」の連用形
接続助詞
殺さサ行四段活用「ころす」の未然形
意志の助動詞「む」の終止形
格助詞
サ行変格活用「す」の連用形
けれ過去の助動詞「けり」の已然形
ば、接続助詞
忠明
係助詞
太刀
格助詞
抜きカ行四段活用「ぬく」の連用形
て、接続助詞
御堂ざま
格助詞
上るラ行四段活用「のぼる」の連体形
に、接続助詞



御堂の東のつまにも、あまた立ちて向かひ合ひたれば、内へ逃げて、蔀のもとを脇に挟みて前の谷へ躍り落つ。

御堂
格助詞
格助詞
つま
格助詞
も、係助詞
あまた副詞
立ちタ行四段活用「たつ」の連用形
接続助詞
向かひ合ひハ行四段活用「むかひあふ」の連用形
たれ過去の助動詞「たり」の已然形
ば、接続助詞
格助詞
逃げガ行下二段活用「にぐ」の連用形
て、接続助詞
格助詞
もと
格助詞
格助詞
挟みマ行四段活用「はさむ」の連用形
接続助詞
格助詞
格助詞
躍り落つ。タ行上二段活用「をどりおつ」の終止形



蔀、風にしぶかれて、谷の底に、鳥の居るやうに、やをら落ちにければ、それより逃げて往にけり。

蔀、
格助詞
しぶかカ行四段活用「しぶく」の未然形
受身の助動詞「る」の連用形
て、接続助詞
格助詞
に、格助詞
格助詞
居るワ行上一段活用「ゐる」の連体形
やうに、比況の助動詞「やうなり」の連用形
やをら副詞
落ちタ行上二段活用「おつ」の連用形
完了の助動詞「ぬ」の連用形
けれ過去の助動詞「けり」の已然形
ば、接続助詞
それ代名詞
より格助詞
逃げガ行下二段活用「にぐ」の連用形
接続助詞
往にナ行変格活用「いぬ」の連用形
けり。過去の助動詞「けり」の終止形



京童部ども谷を見おろして、あさましがり、立ち並みて見けれども、すべきやうもなくて、やみにけりとなむ。

京童部ども、
格助詞
見下ろしサ行四段活用「みおろす」の連用形
て、接続助詞
あさましがり、ラ行四段活用「あさましがる」の連用形
立ち並みマ行四段活用「たちなむ」の連用形
接続助詞
マ行上一段活用「みる」の連用形
けれ過去の助動詞「けり」の已然形
ども、接続助詞
サ行変格活用「す」の終止形
べき可能の助動詞「べし」の連体形
やう
係助詞
なく形容詞・ク活用「なし」の連用形
て、接続助詞
やみマ行四段活用「やむ」の連用形
完了の助動詞「ぬ」の連用形
けり過去の助動詞「けり」の終止形
格助詞
なむ。係助詞


※現代語訳:宇治拾遺物語『検非違使忠明のこと』(これも今は昔、忠明といふ〜)

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。