manapedia
更新日時:
徒然草『今日はそのことをなさんと思へど』 わかりやすい現代語訳と解説
著作名: 走るメロス
98,397 views
『今日はそのことをなさんと思へど』

このテキストでは、兼好法師が書いた徒然草の中から、「今日はそのことをなさんと思へど」(今日はその事をなさんと思へど、あらぬ急ぎ先づ出で来て紛れ暮し〜)の現代語訳・口語訳とその解説をしています。



※徒然草は兼好法師によって書かれたとされる随筆です。清少納言の『枕草子』、鴨長明の『方丈記』と並んで「古典日本三大随筆」と言われています。
原文

今日はその事をなさんと思へど、あらぬ急ぎ先づ出で来紛れ暮らし、待つ人は障りありて、頼めぬ人は来たり。頼みたる方の事は違ひて、思ひ寄らぬ道ばかりは叶ひぬ。煩はしかりつる事はことなくて、易かるべき事はいと心苦し。日々に過ぎ行くさま、かねて思ひつるにはず。一年の中も(※1)かくの如し。一生の間もまた(※2)しかなり



かねてのあらまし、皆違ひ行くかと思ふに、おのづから、違はぬ事もあれば、いよいよ、物は定め難し。不定と心得ぬるのみ、実にて違はず。

現代語訳(口語訳)

今日はそのことをしようと思うのだが、思いもよらない急用が先にできて(それに)気を取られて一日を過ごし、待ち人は差し支えがあって(来ず)、(来るのを)期待させない人は来てしまう。あてにする方面のことは(期待と)食い違い、考えが及ばない方面のことだけが思い通りになる。面倒だと思っていたことが(意外と)容易で、簡単なはずのことは(うまくいかず)とてもつらい。(このようにして)毎日が過ぎていく様は、前もって考えていたこととは異なる。1年の間もこのようである。一生の間もまたその通りである。



前からの予測が、すべて(予測と)一致しないでいくのかと思うと(そうとも限らず)、たまには、(予測と)一致することもあるので、ますます、物事は決めることが難しい。(物事はすべて)定め難いことだと理解することが、真実であり間違いがない。

次ページ:品詞分解と単語解説

【十字軍の歴史~十字軍が起こった原因と聖地奪還運動について解説します~】


1ページ
前ページ
1/2
次ページ


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。