manapedia
奥の細道『草加』(ことし元禄二年にや〜)の現代語訳と解説
著作名: 走るメロス
12,581 views
奥の細道『草加』

ここでは、松尾芭蕉が書いた奥の細道から『草加』(ことし元禄二年にや〜)」の現代語訳・口語訳とその解説を行っています。

「漂泊の思ひ・旅立ち」の現代語訳と品詞分解

原文

ことし元禄二年(※1)にや、奥羽長途の行脚只かりそめに思ひ立ちて、(※2)呉天に白髪の恨みを重ぬいへども、耳にふれていまだ目にぬ境、もし生きて帰らばと、定めなき頼みの末をかけ、その日やうやう草加といふ宿にたどり着きにけり。(※3)痩骨の肩にかかれる物先づ苦しむ。只身すがらにと出で立ち侍るを、(※4)紙子一衣は夜の防ぎ、浴衣・雨具・墨・筆のたぐひ、あるはさりがたき餞などしたるは、さすがにうち捨てがたくて、路次の煩ひとなれるこそわりなけれ

現代語訳(口語訳)

今年は元禄二年であろうか。奥羽への長い道のりの旅をただふと思いついて、遠い異郷の旅の空(の下)で白髪になってしまうような嘆きを重ねたとしても、話には聞いてもまだ見たことのない場所(を見て)、もし生きて帰ることができたら(幸いだ)と、はかない望みをあてにして、その日、やっとのことで草加という宿にたどり着いた。やせ細った肩にかかる荷物(の重さ)がまず(私を)苦しめる。ただ身ひとつでと出発するのですが、紙子一衣は夜(の寒さ)を防ぐために、浴衣、雨具、墨、筆など、または断りきれない餞別などをしてくれたのは、そうはいってもやはりなかなか捨てるわけにもいかず、道中の悩みの種となっていることはどうしようもないことだ。

品詞分解

※品詞分解:おくのほそ道『草加』(ことし元禄二年にや〜)の品詞分解

単語・解説

(※1)にや断定の助動詞「なり」の連用形「に」+係助詞「や」で「~であろうか」という意味。「あらん」が省略されている。
(※2)呉天遠い異郷の空
(※3)痩骨やせ細っている様子、またはその体
(※4)紙子「かみこ」和紙で作った防寒服


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。