manapedia
古文単語「たえて/絶えて」の意味・解説【副詞】
著作名: 走るメロス
1,967 views
たえて/絶えて

ALT

副詞

意味1

(下に打消の語を伴って)
まったく〜(ない)、少しも〜(ない)

[出典]渚の院 伊勢物語
「世の中にたえて桜のなかりせば 春の心はのどけからまし」

[訳]:この世の中に、全く桜というものがなかったなら、春を過ごす人の心はどんなにのどかであることでしょう。


意味2

すっかり、きっぱり

[出典]:夕顔 源氏物語
「さすがに、たえて思ほし忘れなんことも、いと言ふかひなくうかるべきことに思ひて...」

[訳]:そうはいってもやはり、すっかりお忘れになってしまうであろうことも、本当にどうしようもないほどつらいことと思って...


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。