新規登録 ログイン

1_80 古典:読み解き / 古文:文章の訳/読み解き

徒然草 『高名の木登り』 現代語訳と解説

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
『高名の木登り』

このテキストでは、兼好法師が書いた徒然草の中の「高名の木登り」(高名の木登りと言ひし男〜)の現代語訳・口語訳とその解説をしています。

原文(本文)

高名の木登りと言ひし男、人をおきてて、高き木に登せてこずゑを切らせしに、いと危ふく見えしほどは言ふこともなくて、降るるときに軒たけばかりになりて、

「過ちすな。心して降りよ。」


とことばをかけ侍りしを、

かばかりになりては、飛び降るるとも降りなん。いかにかく言ふぞ。」


と申し侍りしかば、

「そのことに候ふ。目くるめき、枝危ふきほどは、己が恐れ侍れば申さず。過ちは、やすきところになりて、必ずつかまつることに候ふ。」


と言ふ。

あやしき下臈なれども、聖人の戒めにかなへり。も、難きところを蹴出だしてのち、やすく思へば、必ず落つと侍るやらん。   
          
現代語訳(口語訳)

名高い木登りと言われていた男が、人に指示をして、高い木に登らせて梢を切らせていたところ、(その名人は、高いところの作業で)とても危なく見えたときには声をかけることがありませんでしたが、(人が木から)降りてくるとき、軒の高さぐらいになったときに

名人:「怪我をするな。注意して下りなさい。」


と初めて声をかけました。

そこで私(兼好法師)は、

私(兼好法師):「この程度の高さであれば、飛び降りても降りることができるでしょう。どうしてこのように言ったのですか。」


と尋ねてみました。すると名人は

名人:「そのことでございます。目がまわるような高さで、枝が細く危ないうちは、登っている人は自分で注意をしますから口には出しません。失敗は、簡単なところになって、必ず起こるものでございます。」


と答えました。(この木登り名人は)身分の低い下人ではあるけれど、言っていることは徳の高い人の口にする戒めと同じです。蹴鞠においても、難しいボールをうまく蹴り上げたと思って安心していると、必ず落ちてしまうと言われているようですしね。

次ページ:品詞分解と単語解説

1ページへ戻る
前のページを読む
1/2
次のページを読む

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
『教科書ガイド 中学校国語 国語2年』文理
佐竹昭広、前田金五郎、大野晋 編1990 『岩波古語辞典 補訂版』 岩波書店
『教科書 中学校国語2』 学校図書

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 127,947 pt 
 役に立った数 128 pt 
 う〜ん数 16 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!