新規登録 ログイン
検索条件
タグ 随筆

1

2

3

4

9_80
Text_level_1
『雪のいと高う降りたるを』 このテキストでは、清少納言が書いた枕草子の中「雪のいと高う降りたるを」の現代語訳・口語訳とその解説をしています。 書籍によっては「香炉峰の雪」と題するものもあるようで... (全て読む)
1_80
Text_level_1
『高名の木登り』 このテキストでは、兼好法師が書いた徒然草の中の「高名の木登り」(高名の木登りと言ひし男〜)の現代語訳・口語訳とその解説をしています。「高名の」読み方は「こうみゃう/こうみょう」... (全て読む)
1_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、兼好法師が書いた徒然草の中から、「猫また」(奥山に、猫またといふものありて〜)の現代語訳・口語訳とその解説をしています。 原文 「奥山に、猫またといふもの ありて、人... (全て読む)
1_80
Text_level_1
はじめに ここでは、吉田兼好が書いた徒然草の「仁和寺にある法師」という話をみていきます。 【原文】 仁和寺にある法師、年よるまで岩清水を拝まざりければ、心うく覚えて、あるとき思ひ立ちて、ただ一人... (全て読む)
9_80
Text_level_1
『ある人、弓射ることを習ふに』 このテキストでは、徒然草の中の「ある人、弓射ることを習ふに」の現代語訳・口語訳とその解説をしています。 作者は兼好法師(吉田兼好)です。 原文 ある人、弓 射るこ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、兼好法師が書いた徒然草の中から、「雪のおもしろう降りたりし朝」(雪のおもしろう降りたりし朝、人のがり言ふべき事ありて〜)の現代語訳・口語訳とその解説をしています。 原... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、兼好法師が書いた徒然草の中から、「猫また」(奥山に、猫またといふものありて〜)の現代語訳・口語訳とその解説をしています。 原文 「奥山に、猫またといふもの ありて、人... (全て読む)
8_80
Text_level_1
随筆とは エッセーとも呼ばれる随筆は、筆者が見聞き、体験をしたことを通じて感じたことを記した文章のことです。考えをただツラツラと書いたものなので、評論文のようにかっちりとしたものではなく、個人的... (全て読む)
1_80
Text_level_1
随筆とは エッセーとも呼ばれる随筆は、筆者が見聞き、体験をしたことを通じて感じたことを記した文章のことです。考えをただツラツラと書いたものなので、評論文のようにかっちりとしたものではなく、個人的... (全て読む)
17_80
Text_level_2
国風文化 藤原氏による摂関政治が行われた時代の10世紀〜11世紀に栄えた文化を、国風文化もしくは藤原文化といいます。 菅原道真の建議により遣唐使の停止が決まった後も民間では交易が続き、中国の文化... (全て読む)

1

2

3

4


知りたいことを検索!