新規登録 ログイン
検索条件
タグ 吉田兼好

1

2

3

4

9_80
Text_level_1
徒然草『丹波に出雲といふ所あり』 このテキストでは、兼好法師が書いた徒然草に収録されている「丹波に出雲といふ所あり」の現代語訳・口語訳とその解説をしています。 原文 (※1)丹波に出雲と云ふ所あ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
『雪のいと高う降りたるを』 このテキストでは、清少納言が書いた枕草子の中「雪のいと高う降りたるを」の現代語訳・口語訳とその解説をしています。 書籍によっては「香炉峰の雪」と題するものもあるようで... (全て読む)
1_80
Text_level_1
『ある人、弓射ることを習ふに』 このテキストでは、徒然草の中の「ある人、弓射ることを習ふに」の現代語訳・口語訳とその解説をしています。 作者は兼好法師(吉田兼好)です。 原文 ある人、弓 射るこ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
徒然草『花は盛りに』 このテキストでは、兼好法師が書いた徒然草「花は盛りに」の「花は盛りに、月は隈なきをのみ見るものかは〜」から始まる部分の現代語訳・口語訳とその解説をしています。 原文(本文)... (全て読む)
9_80
Text_level_1
『九月二十日のころ(九月廿日のころ)』 このテキストでは、兼好法師が書いた徒然草に収録されている「九月二十日のころ」の現代語訳・口語訳とその解説をしています。 原文 (※1)九月二十日のころ、あ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
徒然草『花は盛りに』 このテキストでは、兼好法師が書いた徒然草の「花は盛りに」の「望月の隈なきを千里の外まで眺めたるよりも〜」から始まる部分の現代語訳・口語訳とその解説をしています。 ※前回のテ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
徒然草『家居のつきづきしく』 ここでは徒然草の中の『家居のつきづきしく』(家居のつきづきしく、あらまほしきこそ〜)の現代語訳・口語訳とその解説をしています。 原文(本文) 家居のつきづきしく、あ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
丹波に出雲といふ所あり このテキストでは、兼好法師が書いた徒然草に収録されている「丹波に出雲といふ所あり」の品詞分解をしています。 ※現代語訳: 『丹波に出雲といふ所あり』わかりやすい現代語訳(... (全て読む)
1_80
Text_level_1
ある人、弓射ることを習ふに このテキストでは、兼好法師が書いた徒然草の中の「ある人、弓射ることを習ふに」の品詞分解をしています。 ※現代語訳: 「ある人、弓射ることを習ふに」の現代語訳と解説 品... (全て読む)
9_80
Text_level_1
徒然草『神無月のころ』 このテキストでは、兼好法師が書いた徒然草の中から「神無月のころ」(神無月のころ、栗栖野といふ所を過ぎて、ある山里にたづね入ることはべりしに〜)の現代語訳・口語訳とその解説... (全て読む)

1

2

3

4