新規登録 ログイン

1_80 現代文:文法 / 現代文:文法

連体詞の性質とみわけ方(中学国語の文法)

著者名: 春樹
Text_level_1
マイリストに追加
連体詞

このテキストでは、連体詞の性質についてみていきましょう。
連体詞・・・なんだか難しそうですねぇ。

おくすることはありません!このテキストを読めばばっちり(のはず)です。
連体詞って?

まずは連体詞とはなんぞ?の説明から始めましょう。
ずばり!

連体詞とは、名詞を修飾する品詞です。


あれ、とは言っても形容詞も名詞を修飾する品詞でしたよね。
じゃあどうやってみわけたらいいのでしょう?
連体詞のみわけ方

実は連体詞には、とっても簡単なみわけ方があります。
連体詞は、語尾にの・る・な・た・が が必ずつきます。


やり方だと、うまくいく
いわゆ明治維新というものは
大き猫が表にいる
たいし男だ
国の面積は

連体詞は、語尾に「の・る・な・た・が」です。
※覚えなければいけないところですので、がんばって覚えてください。
Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
『自由自在 中学国語』 受験研究社

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 27,502 pt 
 役に立った数 101 pt 
 う〜ん数 5 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!