新規登録 ログイン
検索条件
タグ 兼好法師

1

2

3

4

9_80
Text_level_1
徒然草『丹波に出雲といふ所あり』 このテキストでは、兼好法師の書いた徒然草の中の「丹波に出雲といふ所あり~」の現代語訳・口語訳とその解説をしています。 原文 丹波に出雲と云ふ所あり。大社を移して... (全て読む)
1_80
Text_level_1
『ある人、弓射ることを習ふに』 このテキストでは、徒然草の中の「ある人、弓射ることを習ふに」の現代語訳・口語訳とその解説をしています。 作者は兼好法師(吉田兼好)です。 原文 ある人、弓射ること... (全て読む)
9_80
Text_level_1
『九月二十日のころ(九月廿日のころ)』 このテキストでは、兼好法師の書いた徒然草の中の「九月二十日のころ~」から始まる部分の現代語訳をしています。 原文 九月二十日のころ、ある人に 誘はれたてま... (全て読む)
1_80
Text_level_1
『高名の木登り』 このテキストでは、兼好法師が書いた徒然草の中の「高名の木登り」(高名の木登りと言ひし男〜)の現代語訳・口語訳とその解説をしています。 原文(本文) 高名の木登りと言ひし男、人を... (全て読む)
9_80
Text_level_1
徒然草『神無月のころ』 このテキストでは、兼好法師の書いた徒然草の中の「神無月のころ」の現代語訳・口語訳とその解説をしています。 ※神無月とは、10月のことを指します。 原文 神無月のころ、栗栖... (全て読む)
1_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、兼好法師の書いた徒然草の中の「猫また」の現代語訳・口語訳とその解説をしています。 原文 「奥山に、猫またといふものありて、人を食ふなる。」 と人の言ひけるに、 「山な... (全て読む)
9_80
Text_level_1
徒然草「九月二十日のころ」 このテキストでは、兼好法師の書いた徒然草の中の「九月二十日のころ」の品詞分解をしています。 現代語訳はこちら 「九月二十日のころ」の現代語訳と解説 品詞分解 ※名詞は... (全て読む)
9_80
Text_level_1
『名を聞くより』 このテキストでは、兼好法師の書いた徒然草の中の「名を聞くより」の現代語訳・口語訳とその解説をしています。書籍によっては『名を聞くより、やがて面影は』とするものもあるようです。 ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
徒然草『筑紫に、なにがしの押領使』 このテキストでは、兼好法師の書いた徒然草の中の「筑紫に、なにがしの押領使」の現代語訳と解説をしています。 原文 筑紫に、なにがしの押領使などいふ やうなる者の... (全て読む)
9_80
Text_level_1
『亀山殿の御池に』 このテキストでは、兼好法師の書いた徒然草の中の「亀山殿の御池に」の現代語訳・口語訳とその解説をしています。 原文(本文) 亀山殿の御池に、大井川の水をまかせられむとて、大井の... (全て読む)

1

2

3

4