新規登録 ログイン

9_80 文法 / 文法

伊勢物語『武蔵鐙』(昔、武蔵なるをとこ、京なる女のもとに〜)の品詞分解

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
伊勢物語『武蔵鐙』

このテキストでは、伊勢物語の第13段『武蔵鐙』(昔、武蔵なるをとこ、京なる女のもとに〜)の品詞分解を記しています。



※伊勢物語は平安時代初期に書かれた歌物語です。作者は未詳ですが、在原業平がモデルではないかと言われています。
品詞分解

※名詞は省略しています。


むかし、武蔵なる男、京なる女のもとに、「聞ゆれば恥づかし。聞えねば苦し。」と書きて、

昔、
武蔵
なる断定の助動詞「なり」の連体形
をとこ、
なる断定の助動詞「なり」の連体形
格助詞
もと
に、格助詞
「聞こゆれヤ行下二段活用「きこゆ」の已然形
接続助詞
恥づかし。シク活用の形容詞「はづかし」の終止形
聞こえヤ行下二段活用「きこゆ」の未然形
打消の助動詞「ず」の已然形
接続助詞
苦し。」シク活用の形容詞「くるし」の終止形
格助詞
書きカ行四段活用「かく」の連用形
て、接続助詞



うはがきに、「むさしあぶみ。」と書きて、おこせてのち、音もせずなりにければ、京より、女、

うはがき
に、格助詞
「むさしあぶみ。」
格助詞
書きカ行四段活用「かく」の連用形
て、接続助詞
おこせサ行下二段活用「おこす」の連用形
接続助詞
のち、
おと
係助詞
サ行変格活用「す」の未然形
打消の助動詞「ず」の連用形
なりラ行四段活用「なり」の連用形
完了の助動詞「ぬ」の連用形
けれ過去の助動詞「けり」の已然形
ば、接続助詞
より格助詞
女、


1ページへ戻る
前のページを読む
1/2
次のページを読む

Related_title
もっと見る 

Keyword_title

Reference_title
ベネッセ全訳古語辞典 改訂版 Benesse
全訳読解古語辞典 第四版 三省堂

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 2,454 pt 
 役に立った数 1 pt 
 う〜ん数 0 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。