manapedia
更新日時:
伊勢物語『狩りの使ひ』の現代語訳と文法解説
著作名: 走るメロス
138,636 views

品詞分解

※品詞分解:伊勢物語『狩りの使ひ』の品詞分解



単語・文法解説

いたはれラ行四段活用「いたはる」の命令形。「ねぎらう、手厚くもてなす」
ねむごろに形容動詞「ねむごろなり」の連用形。「大切に、親切に」の意味
夕さり夕方
いたつきカ行四段活用「いたつく」の連用形。「世話をする」の意味
われて副詞。「無理に」の意味
使ひざね使者の中でも重要な人。正使
子一つ午後十一時から十一時半ごろ
丑三つ午前二時過ぎ
いぶかしけれ形容詞「いぶかし」の已然形。「気がかりである」の意味
心もとなく形容詞「心もとなし」の連用形。「じれったい」の意味
もはらまったく


1ページ
前ページ
2/2
次ページ


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。