manapedia
宇治拾遺物語『袴垂、保昌に会ふこと(袴垂と保昌 )』のわかりやすい現代語訳と解説
著作名: 走るメロス
196,136 views

品詞分解

品詞分解はこちら
※参照:宇治拾遺物語『袴垂、保昌に会ふこと』(昔、袴垂とて〜)の品詞分解

※参照:宇治拾遺物語『袴垂、保昌に会ふこと』(かやうに、あまたたび、とざまかうざまにするに〜)の品詞分解

単語・文法解説

いみじき形容詞「いみじ」の連体形。「並々でない」の意味
まうけ「まうく」の未然形。「用意する」の意味
あやしく形容詞「あやし」の連用形。「不思議と」の意味
いよいよますます
つゆばかりも騒ぎたる気色なし「つゆばかり」は語尾に打消をともなって、「少しも〜ない」と訳す
やは反語を表す係助詞
よも逃がさじ「よも」は「じ」をともなって「まさか〜ない」
本名以外での呼び名。通名、通称のこと
あやふげに形容動詞「あやふげなり」の連用形。「あぶなっかしい、物騒である」の意味
「しん」と読むときには「魂、心」を意味する
あさましく形容詞「あさまし」の連用形。「驚くばかりである」の意味
むくつけく形容詞「むくつけし」の連用形。「怖ろしい、薄気味悪い」の意味


練習問題にチャレンジ!

宇治拾遺物語『袴垂、保昌に会ふこと(袴垂と保昌)』テストで出題されそうな問題


1ページ
前ページ
2/2
次ページ


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。