manapedia
古文単語「まどひいる/惑ひ入る」の意味・解説【ラ行四段活用】
著作名: 走るメロス
857 views
まどひいる/惑ひ入る

ALT

ラ行四段活用

未然形まどひいら
連用形まどひいり
終止形まどひいる
連体形まどひいる
已然形まどひいれ
命令形まどひいれ


意味:自動詞

あわてて中に入る

[出典]にくきもの 枕草子
「忍び来る所に、長烏帽子して、さすがに人に見えじとまどひ入るほどに、ものにつきさはりて、そよろといはせたる。」

[訳]:人目につかないように来る所に、長烏帽子をつけて、そうはいっても人に見られないようにと思ってあわてて中に入るときに、(烏帽子が)物につきあたって、がさっと音をたてるの(はしゃくに障る)。


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。