新規登録 ログイン

9_80 文法 / 文法

宇治拾遺物語『袴垂、保昌に会ふこと(袴垂と保昌 )』の品詞分解

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
宇治拾遺物語『袴垂、保昌に会ふこと』

このテキストでは、宇治拾遺物語の一節『袴垂、保昌に会ふこと』(昔、袴垂とて、いみじき盗人の大将軍ありけり〜)の品詞分解を記しています。書籍によっては、「袴垂と保昌 」、「袴垂、保昌に合ふ事」と題されているものもあるようです。



※現代語訳:『袴垂、保昌に会ふこと』の現代語訳と解説

※宇治拾遺物語は13世紀前半ごろに成立した説話物語集です。編者は未詳です。
品詞分解

※名詞は省略しています。


昔、袴垂とて、いみじき盗人の大将軍ありけり。十月ばかりに、衣の用なりければ、衣少しまうけむとて、さるべき所々、うかがひありきけるに、

昔、
袴垂
とて、格助詞
いみじき形容詞・シク活用・連体形
盗人
格助詞
大将軍
ありラ行変格活用・連用形
けり。過去の助動詞・終止形
十月
ばかり副助詞
に、格助詞
格助詞
なり断定の助動詞・連用形
けれ過去の助動詞・已然形
ば、接続助詞
少し副詞
まうけカ行下二段活用・未然形
意志の助動詞・終止形
とて、格助詞
さる連体詞
べき当然の助動詞・連体形
所々、
うかがひありきカ行四段活用・連用形
ける過去の助動詞・連体形
に、接続助詞



夜中ばかりに、人、みな静まり果てて後、月の朧なるに、衣、あまた着たりける主の、指貫のそば挟みて、絹の狩衣めきたる着て、ただ一人、笛吹きて、行きもやらず、練り行けば、

夜中
ばかり副助詞
に、格助詞
人、
みな
静まり果てタ行下二段活用・連用形
接続助詞
後、
格助詞
朧なる形容動詞・ナリ活用・連体形
に、格助詞
衣、
あまた副詞
カ行上一段活用・連用形
たり存続の助動詞・連用形
ける過去の助動詞・連体形
の、格助詞
指貫
格助詞
そば
挟みマ行四段活用・連用形
て、接続助詞
格助詞
狩衣めきカ行四段活用・連用形
たる存続の助動詞・連体形
カ行上一段活用・連用形
て、接続助詞
ただ副詞
一人、
吹きカ行四段活用・連用形
て、接続助詞
行きカ行四段活用・連用形
係助詞
やら補助動詞・ラ行四段活用・未然形
ず、打消の助動詞・連用形
練り行けカ行四段活用・已然形
ば、接続助詞



「あはれ、これこそ、我に絹得させむとて、出でたる人なめり。」と思ひて走りかかりて、衣をはがむと思ふに、

「あはれ、感動詞
これ代名詞
こそ、係助詞
代名詞
格助詞
ア行下二段活用・未然形
させ使役の助動詞・未然形
意志の助動詞・終止形
とて、格助詞
出でダ行下二段活用・連用形
たる完了の助動詞・連体形
断定の助動詞・連体形の撥音便の無表記
めり。」推定の助動詞・終止形
格助詞
思ひハ行四段活用・連用形
接続助詞
走りかかりラ行四段活用・連用形
て、接続助詞
格助詞
はがガ行四段活用・未然形
意志の助動詞・終止形
格助詞
思ふハ行四段活用・連体形
に、接続助詞


知ってますか?【「虫酸が走る」の意味と語源】

1ページへ戻る
前のページを読む
1/2
次のページを読む

Tunagari_title
・宇治拾遺物語『袴垂、保昌に会ふこと(袴垂と保昌 )』の品詞分解

Related_title
もっと見る 

Keyword_title

Reference_title
佐竹昭広、前田金五郎、大野晋 編1990 『岩波古語辞典 補訂版』 岩波書店
「教科書 古典B」筑摩書房 
「教科書 高等学校 古典B」 第一学習社

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 116,387 pt 
 役に立った数 151 pt 
 う〜ん数 27 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ