manapedia
更新日時:
伊勢物語『筒井筒』テストで出題されそうな問題
著作名: 走るメロス
139,202 views
伊勢物語『筒井筒』

このテキストでは、伊勢物語23段『筒井筒』でテストに出題されそうな問題をピックアップしていきます。



※伊勢物語は平安時代初期に書かれた歌物語です。作者は未詳ですが、在原業平がモデルではないかと言われています。
次の文章を読み、問いに答えよ


昔、田舎わたらひしける人の子ども、井のもとにいでて遊びけるを、おとなになりにければ、男も女も恥ぢかはしてありけれど、男はこの女をこそ得めと思ふ。女はこの男をと思ひつつ、親のあはすれども、聞かでなむありける。さて、この隣の男のもとより、かくなむ、
筒井つの井筒にかけしまろがたけ過ぎにけらしな見ざるまに

女、返し、
くらべこし振り分け髪も肩過ぎぬ君ならずしてたれかあぐべき

など言ひ言ひて、つひに本意のごとくあひにけり。

さて、年ごろ経るほどに、女、親なく、頼りなくなるままにもろともにいふかひなくてあらむやはとて、河内の国高安の郡に、行き通ふ所いできにけり。さりけれど、このもとの女、悪しと思へるけしきもなくて、いだしやりければ、男、異心ありてかかるにやあらむと思ひ疑ひて、前栽の中に隠れゐて、河内へ往ぬる顔にて見れば、この女、いとよう化粧じて、うちながめて、
風吹けば沖つ白波たつた山夜半にや君がひとり越ゆらむ

とよみけるを聞きて、限りなくかなしと思ひて、河内へも行かずなりにけり。

まれまれかの高安に来てみれば、初めこそ心にくくもつくりけれ、今はうちとけて、手づから飯匙取りて、笥子のうつはものに盛りけるを見て、心うがりて行かずなりにけり。さりければ、かの女、大和の方を見やりて、
君があたり見つつを居らむ生駒山 雲な隠しそ雨は降るとも

と言ひて見いだすに、からうじて、大和人「来む」と言へり。喜びて待つに、たびたび過ぎぬれば、
君来むと言ひし夜ごとに過ぎぬれば頼まぬものの恋ひつつぞ経る

と言ひけれど、男住まずなりにけり

問題

Q1:「得め」の「得」とはどういうことか。


Q2:「まろ」とは誰のことを指すか。


Q3:「妹」とはどのような状況で使う言葉か。




Q4:「妹」に対応している言葉を本文中から抜き出せ。


Q5:「異心」、「前栽」、「飯匙」の読み方を現代仮名遣いで書け。


Q6:「頼りなくなるままに」について、なぜこうなったのか答えよ。




Q7:「もろともに」の意味を答えよ


Q8:「限りなくかなし」の意味を答えよ。


Q9:「住まずなりにけり」を現代語訳せよ。


次ページ:解答と現代語訳


1ページ
前ページ
1/2
次ページ


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。