新規登録 ログイン

9_80 ことば / 単語

古文単語「いま/今」の意味・解説【副詞】

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
いま/今

ALT

「いま/今」には
①名詞
②副詞
などの用法があるが、ここでは「②副詞」を扱う。

副詞

意味1

たった今

[出典]:うれしきもの 枕草子
「御前に人々所もなくゐたるに、のぼりたるは、少し遠き柱もとなどにゐたるを、とく御覧じつけて...」

[訳]:(中宮の)御前に人々がたくさん集まって隙間なく座っているところに、たった今参上したので、(中宮から)少し離れた柱そのそばに座っているのを、(中宮が)素早く御覧になって...


意味2

今すぐ、すぐに

[出典]尼、地蔵を見奉ること 宇治拾遺物語
「あそびにいぬ。いま来なん。」

[訳]:遊びに行っています。すぐに(帰って)来るでしょう。


意味3

やがて、間もなく

[出典]虫は 枕草子
、秋風吹かむをりぞ来むとする。待てよ。」

[訳]間もなく、秋風が吹いたらそのときに来ようとしている。(それまで)待っていなさいね。


意味4

新たに、今度、最近

[出典]帰京 土佐日記
「五年六年のうちに、千年や過ぎにけむ、かたへはなくなりにけり。生ひたるぞ交じれる。」

[訳]:5、6年のうちに、1000年も過ぎてしまったのだろうか、(松の)一部分がなくなってしまっていた。(松には)新しく生えたものがまじっている。


意味5

さらに、なお、もう

[出典]児のそら寝 宇治拾遺物語
「...と言ふ声のしければ、あなわびしと思ひて、一度起こせかしと、思ひ寝に聞けば、 [ひしひしとただ食ひに食ふ音のしければ...」

[訳]:...という声がしたので、ああ、困ったことだと思って、もう一度起こしてくれよと、思いながら寝て聞き耳をたてると、(僧たちが餅を)むしゃむしゃと、ただどんどん食べる音がしたので...

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
ベネッセ全訳古語辞典 改訂版 Benesse
全訳読解古語辞典 第四版 三省堂

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 2,294 pt 
 役に立った数 0 pt 
 う〜ん数 0 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。