新規登録 ログイン
検索条件
タグ 児のそら寝

1

2

3

4

9_80
Text_level_1
『児のそら寝』 このテキストでは宇治拾遺物語の一節、「児(ちご)のそら寝」の現代語訳・口語訳とその解説をしています。書籍によっては「稚児の(※1)そら寝」と題されるものや、内容が異なる場合があり... (全て読む)
9_80
Text_level_1
宇治拾遺物語『児のそら寝』 このテキストでは、宇治拾遺物語『児のそら寝』でテストに出題されそうな問題をピックアップしていきます。 次の文章を読み、問いに答えよ 今は昔、比叡の山に児ありけり。僧た... (全て読む)
9_80
Text_level_1
児のそら寝 このテキストでは、宇治拾遺物語の中にある、「児(ちご)のそら寝」(これも今は昔、比叡の山に(※2)児ありけり〜)の品詞分解をしています。宇治拾遺物語は13世紀ごろ(鎌倉時代)に作られ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
いでく/出で来 カ行変格活用 |未然形|いでこ| |連用形|いでき| |終止形|いでく| |連体形|いでくる| |已然形|いでくれ| |命令形|いでこ(こよ)| 意味1:自動詞 出てくる、姿を現... (全て読む)
9_80
Text_level_1
つれづれ/徒然 名詞 意味1 することがなく手持ち無沙汰なこと。 [出典]: 児のそら寝 宇治拾遺物語 「これも今は昔、比叡の山に児ありけり。僧たち、宵のつれづれに...」 [訳]:これも今とな... (全て読む)
9_80
Text_level_1
わろし/悪し 形容詞・ク活用 |未然形|わろく|わろから| |連用形|わろく|わろかり| |終止形|わろし|◯| |連体形|わろき|わろかる| |已然形|わろけれ|◯| |命令形|◯|わろかれ|... (全て読む)
9_80
Text_level_1
おどろかす/驚かす サ行四段活用 |未然形|おどろかさ| |連用形|おどろかし| |終止形|おどろかす| |連体形|おどろかす| |已然形|おどろかせ| |命令形|おどろかせ| 意味1:他動詞 ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
いらふ/答ふ/応ふ ハ行下二段活用 |未然形|いらへ| |連用形|いらへ| |終止形|いらふ| |連体形|いらふる| |已然形|いらふれ| |命令形|いらへよ| 意味1:自動詞 返事をする。 [... (全て読む)
9_80
Text_level_1
すでに/既に/已に 副詞 意味1 残す所なくすっかり。 [出典]:万葉集 「天の下すでに覆ひて降る雪の光を見れば貴くもあるか。」 [訳]:地上をすっかり覆って降る雪の光を見ると、貴く思われること... (全て読む)
9_80
Text_level_1
さだめて/定めて マ行下二段活用の動詞「定む」の連用形「さだめ」と接続助詞「て」からなる言葉。 副詞 意味 きっと、必ず。 ※多くが、「さだめて〜推量」の形で用いる。 [出典]: 児のそら寝 宇... (全て読む)

1

2

3

4