新規登録 ログイン

9_80 ことば / 単語

古文単語「けしきおぼゆ/気色覚ゆ」の意味・解説【連語】

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
けしきおぼゆ/気色覚ゆ

ALT

連語

※名詞「気色」とヤ行下二段活用「おぼゆ」が一語になったもの。
意味1

趣深く感じられる、情緒が感じられる

[出典]:和歌こそ 徒然草
「古き歌どものやうに、いかにぞや、ことばの外に、あはれに気色覚ゆるはなし。」

[訳]:(最近の歌は)古い歌などのように、どういうわけか、言葉にされた部分以外で、しみじみと趣深く感じられるものはない。


意味2

不気味に感じられる、怪しく思われる、嫌な感じがする

[出典]道長の豪胆 大鏡
「今宵こそいとむつかしげなる夜なめれ。かくひとがちなるだに、気色おぼゆ。」

[訳]:今宵はとても気味が悪そうな夜であるようだ。このように人が多くてさえ、不気味な感じがする

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
全訳読解古語辞典 第四版 三省堂
ベネッセ全訳古語辞典 改訂版 Benesse

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 2,259 pt 
 役に立った数 1 pt 
 う〜ん数 0 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。