新規登録 ログイン

9_80 文法 / 文法

『木曽の最期』の品詞分解(その8:木曾殿は、ただ一騎粟津の松原へ駆けたまふ~) 平家物語

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
木曽の最期

このテキストでは、平家物語の中の一説「木曾最期」の「木曾殿は、ただ一騎粟津の松原へ駆けたまふ~」から始まる部分の品詞分解を記しています。書籍によっては「木曾最期/木曽最期」などと題するものもあります。



※前回のテキスト:「今井四郎只一騎、五十騎ばかりが中へ駆け入り~」の品詞分解

※現代語訳:「今井四郎只一騎、五十騎ばかりが中へ駆け入り~」の現代語訳

※「祇園精舎の鐘の声〜」で始まる一節で広く知られている平家物語は、鎌倉時代に成立したとされる軍記物語です。平家の盛者必衰、武士の台頭などが描かれています。

品詞分解

※名詞は省略しています。



木曽殿は只一騎、粟津の松原へ駆け給ふが、正月二十一日入相ばかりのことなるに、薄氷張つたりけり、深田ありとも知らずして、馬をざつと打ち入れたれば、馬の頭も見えざりけり。

木曾殿
係助詞
ただ副詞
一騎、
粟津
格助詞
松原
格助詞
駆けカ行下二段活用・連用形
たまふ補助動詞・ハ行四段活用・連体形・尊敬語
が、接続助詞
正月二十一日、入相
ばかり副助詞
格助詞
こと
なる断定の助動詞・連体形
に、接続助詞
薄氷
係助詞
張つラ行四段活用・連用形の促音便
たり存続の助動詞・連用形
けり。過去の助動詞・終止形
深田
ありラ行変格活用・終止形
格助詞
係助詞
知らラ行四段活用・未然形
打消の助動詞・連用形
して、接続助詞
格助詞
ざつと副詞
打ち入れラ行下二段活用・連用形
たれ完了の助動詞・已然形
ば、接続助詞
格助詞
かしら
係助詞
見えヤ行下二段活用・未然形
ざり打消の助動詞・連用形
けり。過去の助動詞・終止形



あふれどもあふれども、打てども打てども働かず。

あふれラ行四段活用・已然形
ども接続助詞
あふれラ行四段活用・已然形
ども、接続助詞
打てタ行四段活用・已然形
ども接続助詞
打てタ行四段活用・已然形
ども接続助詞
働かカ行四段活用・未然形
ず。打消の助動詞・終止形


【いみじの意味は?】

1ページへ戻る
前のページを読む
1/3
次のページを読む

Tunagari_title
・『木曽の最期』の品詞分解(その8:木曾殿は、ただ一騎粟津の松原へ駆けたまふ~) 平家物語

Related_title
もっと見る 

Keyword_title

Reference_title
『教科書 高等学校 国語総合 古典編』 三省堂
『教科書 新編国語総合』 教育出版
佐竹昭広、前田金五郎、大野晋 編1990 『岩波古語辞典 補訂版』 岩波書店
『教科書 精選国語総合』 三省堂
『教科書 国語総合』 桐原書店

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 101,213 pt 
 役に立った数 95 pt 
 う〜ん数 23 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!