新規登録 ログイン

9_80 ことば / 単語

古文単語「とかや」の意味・解説【連語/終助詞】

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
とかや

ALT

連語

格助詞「と」、係助詞「か」そして間投助詞「や」が一語になったもの。下記の「意味2」では、全体を終助詞ととらえることもできる。

意味1

〜とかいう、〜とかいう人、〜とかいう物

[出典]猫また 徒然草
「何阿弥陀仏とかや、連歌しける法師の、行願寺の辺にありけるが聞きて、ひとり歩かん身は心すべきことにこそと思ひけるころしも...」

[訳]:何阿弥陀仏とかいう、連歌をやっていた法師で、行願寺の辺りで生活していたのがこれを聞いて、(自分のように)一人で歩くような身の人間は気をつけなければならないことであると思っていたちょうどその頃...


意味2

(文末に用いて伝聞を表し)
〜とかいうことだ

[出典]安元の大火 方丈記
「火(ほ)もとは、樋口富小路(ひぐちとみのこうぢ)とかや。」

[訳]:火元は樋口富小路あたりということだ

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
全訳読解古語辞典 第四版 三省堂
ベネッセ全訳古語辞典 改訂版 Benesse

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 2,573 pt 
 役に立った数 3 pt 
 う〜ん数 0 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。