新規登録 ログイン
検索条件
タグ 安元の大火

1

2

3

4

9_80
Text_level_1
方丈記『安元の大火』 このテキストでは、鴨長明が書いた方丈記の中の、「安元の大火」(予、ものの心を知れりしより〜)の現代語訳・口語訳とその解説をしています。書籍によっては「大火とつじ風」と題する... (全て読む)
9_80
Text_level_1
方丈記「安元の大火」 ここでは、鴨長明が書いた方丈記の中から、「安元の大火」(予ものの心を〜)の品詞分解を記して。書籍によっては「大火とつじ風」と題するものや「いんじ安元三年四月二十八日〜」から... (全て読む)
9_80
Text_level_1
あぢきなし 形容詞・ク活用 |未然形|あぢきなく|あぢきなから| |連用形|あぢきなく|あぢきなかり| |終止形|あぢきなし|◯| |連体形|あぢきなき|あぢきなかる| |已然形|あぢきなけれ|... (全て読む)
9_80
Text_level_1
さながら/然ながら/宛ら 副詞 意味1 そのまま、もとのまま。 [出典]: 絵仏師良秀 宇治拾遺物語 「人の書かする仏もおはしけり。また、衣着ぬ妻子なども、さながら内にありけり。」 [訳]:(家... (全て読む)
9_80
Text_level_1
およぶ/及ぶ バ行四段活用 |未然形|およば| |連用形|および| |終止形|およぶ| |連体形|およぶ| |已然形|およべ| |命令形|およべ| 意味1:自動詞 達する、届く、至る。 [出典]... (全て読む)
9_80
Text_level_1
あまねし/遍し/普し 形容詞・ク活用 |未然形|あまねく|あまねから| |連用形|あまねく|あまねかり| |終止形|あまねし|◯| |連体形|あまねき|あまねかる| |已然形|あまねけれ|◯| ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
ふしぎ/不思議 名詞 意味 思いもよらないこと、理解を越えていること、常識はずれなこと。 [出典]: 安元の大火 方丈記 「予(われ)、ものの心を知れりしより、四十(よそぢ)あまりの春秋を送れる... (全て読む)
9_80
Text_level_1
いんじ/往んじ/去んじ 「いんじ/往んじ/去んじ」には ①連体詞 ②名詞 などの用法がある。 連体詞 ※ナ行変格活用「いぬ」の連用形+過去の助動詞「き」の連体形からなる「いにし」が撥音便となった... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はて/果て 名詞 意味1 最後、終わり、しまい。 [出典]: 安元の大火 方丈記 「果てには朱雀門(すざくもん)、大極殿(だいごくでん)、大学寮、民部省などまで移りて、一夜のうちに塵灰(ぢんくわ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
とかや 連語 格助詞「と」、係助詞「か」そして間投助詞「や」が一語になったもの。下記の「意味2」では、全体を終助詞ととらえることもできる。 意味1 〜とかいう、〜とかいう人、〜とかいう物。 [出... (全て読む)

1

2

3

4