新規登録 ログイン

9_80 文法 / 文法

古今著聞集『小式部内侍が大江山の歌のこと』(和泉式部、保昌が妻にて〜)の品詞分解

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
古今著聞集『小式部内侍が大江山の歌のこと』

このテキストでは、古今著聞集の一節『小式部内侍が大江山の歌のこと』(和泉式部、保昌が妻にて、丹後に下りけるほどに〜)の品詞分解を記しています。書籍によっては『大江山の歌』や『大江山のいくのの道』と題されているものもあるようです。十訓抄にも収録されていますが、若干原文が異なります。



※品詞分解:十訓抄『大江山の歌』の品詞分解

※現代語訳:古今著聞集『小式部内侍が大江山の歌のこと』現代語訳と解説

品詞分解

※名詞は省略しています。


和泉式部、保昌が妻にて、丹後に下りけるほどに、京に歌合ありけるに、小式部内侍、歌詠みにとられて詠みけるを、

和泉式部、
保昌
格助詞
にて、格助詞
丹後
格助詞
下りラ行四段活用・連用形
ける過去の助動詞・連体形
ほど
に、格助詞
格助詞
歌合
ありラ行変格活用・連用形
ける過去の助動詞・連体形
に、接続助詞
小式部内侍、
歌詠み
格助詞
とらラ行四段活用・未然形
受身の助動詞・連用形
て、接続助詞
詠みマ行四段活用・連用形
ける過去の助動詞・連体形
を、接続助詞



定頼の中納言、たはぶれに、小式部内侍に、「丹後へ遣はしける人は参りにたりや。」と言ひ入れて、局の前を過ぎられけるを、

定頼の中納言
たはぶれ名詞
に、格助詞
小式部内侍
に、格助詞
「丹後
格助詞
遣はしサ行四段活用・連用形
ける過去の助動詞・連体形
係助詞
参りラ行四段活用・連用形
完了の助動詞・連用形
たり完了の助動詞・終止形
や。」係助詞
格助詞
言ひ入れラ行下二段活用・連用形
て、接続助詞
格助詞
格助詞
過ぎガ行上二段活用・未然形
られ尊敬の助動詞・連用形
ける過去の助動詞・連体形
を、接続助詞



小式部内侍、御簾よりなかば出でて、直衣の袖を控へて「大江山いくのの道の遠ければまだふみもみず天の橋立」と詠みかけけり。

小式部内侍、
御簾
より格助詞
半ば
出でダ行下二段活用・連用形
て、接続助詞
直衣
格助詞
格助詞
控へハ行下二段活用・連用形
接続助詞
大江山
いくの
格助詞
格助詞
遠けれ形容詞・ク活用・已然形
接続助詞
まだ副詞
ふみ
係助詞
マ行上一段活用・未然形
打消の助動詞・終止形
天の橋立
格助詞
詠みかけカ行下二段活用・連用形
けり。過去の助動詞・終止形


思はずに、あさましくて、「こはいかに。」とばかり言ひて、返しにも及ばず、袖を引き放ちて逃げられにけり。小式部、これより、歌詠みの世おぼえ出で来にけり。


思はずに形容動詞・ナリ活用・連用形
あさましく形容詞・シク活用・連用形
て、接続助詞
「こ代名詞
係助詞
いかに。」副詞
格助詞
ばかり副助詞
言ひハ行四段活用・連用形
て、接続助詞
返し
格助詞
係助詞
及ばバ行四段活用・未然形
ず、打消の助動詞・連用形
格助詞
引き放ちタ行四段活用・連用形
接続助詞
逃げガ行下二段活用・未然形
られ尊敬の助動詞・連用形
完了の助動詞・連用形
けり。過去の助動詞・終止形
小式部、
これ代名詞
より格助詞
歌詠み
格助詞
世覚え
出で来カ行変格活用・連用形
完了の助動詞・連用形
けり。過去の助動詞・終止形


※現代語訳:『小式部内侍が大江山の歌のこと』現代語訳と解説
Related_title
もっと見る 

Keyword_title

Reference_title
『教科書 高等学校 古典B』 第一学習社
『教科書 探求国語総合』 桐原書店
NHK高校口座 古典 http://www.nhk.or.jp/kokokoza/library/radio/r2_koten/archive/chapter004.html
『教科書 高等学校 古典 古文編』 三省堂
佐竹昭広、前田金五郎、大野晋 編1990 『岩波古語辞典 補訂版』 岩波書店

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 74,708 pt 
 役に立った数 200 pt 
 う〜ん数 29 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。