新規登録 ログイン

9_80 文法 / 文法

『大江山の歌』の品詞分解(十訓抄・古今著聞集)

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
大江山の歌

このテキストでは、十訓抄の一節『大江山の歌』の品詞分解を記しています。書籍によっては『小式部内侍が大江山の歌の事』や『大江山』と題されているものもあるようです。同様の物語が古今著聞集にも収録されていますが、原文が若干異なります。



※古今著聞集:『小式部内侍が大江山の歌のこと』の品詞分解

※現代語訳:十訓抄『大江山』わかりやすい現代語訳と解説

※十訓抄は鎌倉中期の説話集です。編者は未詳です。
品詞分解

※名詞は省略しています。



和泉式部、保昌が妻にて、丹後に下りけるほどに、京に歌合ありけるを、小式部内侍、歌詠みにとられて、歌を詠みけるに、

和泉式部、
保昌
格助詞
にて、格助詞
丹後
格助詞
下りラ行四段活用・連用形
ける過去の助動詞・連体形
ほど
に、格助詞
格助詞
歌合
ありラ行変格活用・連用形
ける過去の助動詞・連体形
に、接続助詞
小式部内侍、
歌詠み
格助詞
とらラ行四段活用・未然形
受身の助動詞・連用形
て、接続助詞
詠みマ行四段活用・連用形
ける過去の助動詞・連体形
を、接続助詞



定頼の中納言たはぶれて、小式部内侍ありけるに、「丹後へ遣はしける人は参りたりや。いかに心もとなく思すらむ。」と言ひて、局の前を過ぎられけるを、

定頼の中納言
たはぶれラ行下二段活用・連用形
て、接続助詞
小式部内侍、
ありラ行変格活用・連用形
ける過去の助動詞・連体形
に、格助詞
「丹後
格助詞
遣はしサ行四段活用・連用形
ける過去の助動詞・連体形
係助詞
参りラ行四段活用・連用形
たり完了の助動詞・終止形
や。係助詞
いかに副詞
心もとなく形容詞・ク活用・連用形
おぼすサ行四段活用・終止形
らむ。」現在推量の助動詞・連体形
格助詞
言ひハ行四段活用・連用形
て、接続助詞
格助詞
格助詞
過ぎガ行上二段活用・未然形
られ尊敬の助動詞・連用形
ける過去の助動詞・連体形
を、接続助詞



御簾より半らばかり出でて、わづかに直衣の袖を控へて「大江山いくのの道の遠ければまだふみもみず天の橋立」と詠みかけけり。


御簾
より格助詞
半ら
ばかり副助詞
出でダ行下二段活用・連用形
て、接続助詞
わづかに形容動詞・ナリ活用・連用形
直衣
格助詞
格助詞
控へハ行下二段活用・連用形
接続助詞
大江山
いくの
格助詞
格助詞
遠けれ形容詞・ク活用・已然形
接続助詞
まだ副詞
ふみ
係助詞
マ行上一段活用・未然形
打消の助動詞・終止形
天の橋立
格助詞
詠みかけカ行下二段活用・連用形
けり。過去の助動詞・終止形


【受験日本史まとめ】古墳文化、渡来人の活躍、仏教・儒教の伝来について解説

1ページへ戻る
前のページを読む
1/2
次のページを読む

Related_title
もっと見る 

Keyword_title

Reference_title
『教科書 探求国語総合』 桐原書店
『教科書 高等学校 古典 古文編』 三省堂
佐竹昭広、前田金五郎、大野晋 編1990 『岩波古語辞典 補訂版』 岩波書店

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 409,149 pt 
 役に立った数 795 pt 
 う〜ん数 77 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。