新規登録 ログイン

9_80 文法 / 文法

古今著聞集『衣のたて・衣のたてはほころびにけり』の品詞分解(助動詞など)

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
古今著聞集『衣のたて』の品詞分解

このテキストでは、古今著聞集の一節『衣のたて』の品詞分解を記しています。書籍によっては、『衣のたてはほころびにけり』や『源義家、衣川にて安倍貞任と連歌のこと』などと題とするものもあるようです。




※現代語訳:古今著聞集『衣のたて・衣のたてはほころびにけり』のわかりやすい現代語訳と解説


古今著聞集とは

古今著聞集は、鎌倉時代に橘成季(たちばな の なりすえ)によって編纂された世俗説話集です。


品詞分解

※名詞は省略してあります。

伊予守源頼義
の(格助詞)
朝臣、
貞任・宗任
ら(接尾語)
を(格助詞)
攻むる(マ行下二段活用・連体形)
間、
陸奥
に(格助詞)
十二年
の(格助詞)
春秋
を(格助詞)
送り(ラ行四段活用・連用形)
けり(過去の助動詞・終止形)。

鎮守府
を(格助詞)
発ち(タ行四段活用・連用形)
て(接続助詞)、
秋田
の(格助詞)

に(格助詞)
移り(ラ行四段活用・連用形)
ける(過去の助動詞・連体形)
に(格助詞)、
雪、
はだれに(形容動詞・ナリ活用・連用形)
降り(ラ行四段活用・連用形)
て(接続助詞)、

の(格助詞)

ども(接尾語)
の(格助詞)

みな(副詞)
白妙
に(格助詞)
なり(ラ行四段活用・連用形)
に(完了の助動詞・連用形)
けり(過去の助動詞・終止形)。

衣川
の(格助詞)
館、

高く(形容詞・ク活用・連用形)

あり(ラ行変格活用・連用形)
けれ(過去の助動詞・已然形)
ば(接続助詞)、

を(格助詞)
いただき(カ行四段活用・連用形)
て(接続助詞)

に(格助詞)
重ね、(ナ行下二段活用・連用形)

を(格助詞)
組み(マ行四段活用・連用形)
て(接続助詞)
攻め戦ふ(ハ行四段活用・連体形)
に(接続助詞)、
貞任
ら(接尾語)
耐へ(ハ行下二段活用・未然形)
ず(打消の助動詞・連用形)
して(接続助詞)、
つひに(副詞)

の(格助詞)
後ろ
より(格助詞)
逃れ落ち(タ行上二段活用・連用形)
ける(過去の助動詞・連体形)
を(格助詞)、

1ページへ戻る
前のページを読む
1/2
次のページを読む

Related_title
もっと見る 

Keyword_title

Reference_title
『教科書 古典B 古文編』 桐原書店
『教科書 精選古典B』大修館
全訳読解古語辞典 第四版 三省堂
ベネッセ全訳古語辞典 改訂版 Benesse

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 49,685 pt 
 役に立った数 77 pt 
 う〜ん数 7 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。