新規登録 ログイン

9_80 文章の読み解き / 文章の読み解き

『足柄山』 更級日記 わかりやすい現代語訳と解説

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
はじめに

ここでは、更級日記の一節『足柄山』の現代語訳と解説をしています。

原文

足柄山といふは、四、五日かねて、恐ろしげに暗がり渡れり。やうやう入り立つふもとのほどだに、空のけしき、はかばかしくも見えず。えもいはず茂り渡りて、いと恐ろしげなり。

麓に宿りたるに、月もなく暗き夜の、闇に惑ふやうなるに、遊び三人、いづくよりともなくいで来たり。五十ばかりなるひとり、二十ばかりなる、十四、五なるとあり。庵の前にからかさをささせて据ゑたり。をのこども、火をともして見れば、昔、こはたと言ひけむが孫といふ。髪いと長く、額いとよくかかりて、色白くきたなげなくて、さてもありぬべき下仕へなどにてもありぬべしなど、人々あはれがるに、声すべて似るものなく、空に澄みのぼりてめでたく歌を歌ふ。人々いみじうあはれがりて、け近くて、人々もて興ずるに、

「西国の遊女はえかからじ


など言ふを聞きて、

「難波わたりに比ぶれば」


とめでたく歌ひたり。

見る目のいときたなげなきに、声さへ似るものなく歌ひて、さばかり恐ろしげなる山中に立ちて行くを、人々飽かず思ひて皆泣くを、幼き心地には、ましてこの宿りを立たむことさへ飽かず覚ゆ。

まだより足柄を越ゆ。まいて山の中の恐ろしげなること言はむかたなし。雲は足の下に踏まる。山の半らばかりの、木の下のわづかなるに、葵のただ三筋ばかりあるを、世離れてかかる山中にしも生ひけむよと、人々あはれがる。水はその山に三所ぞ流れたる。

現代語訳

足柄山というのは、四、五日前から、恐ろしいほどの暗さが続いている。次第に足を踏み入れる山のふもとのあたりでさえ、空の様子ははっきりとは見えない。言いようもないほど草が茂って、とても恐ろしく感じる。

山の麓の宿に泊まったのだが、月も出ておらずに暗く、闇に惑うようであったのだが、(その中を)遊女が3人、どこからともなく現れた。50歳ぐらいのが1人、20歳ぐらいのと14、5歳ぐらいである。仮小屋の前に唐ふうの傘をささせて座らせた。男たちが火をつけて彼女らを見ると、(20ぐらいの女が)、自分は、昔遊女であったという、こはたという者の孫であると言う。髪はとても長く額にきれいにかかって、肌の色は白くあかぬけとしているので、この状態のまましかるべき所で下仕えをしても通用するだろうと、皆関心をしていた。そしてこの女は比べようのない(ほど見事な)声で、空に澄みあがるような見事な歌を歌ったので、人々はたいへん感心し、その女を近くに呼んで興じていると

「西国の遊女はこうはいくまい」

 
と誰かが言ったのをこの女が聞いて、

「難波あたりの遊女に比べたら、そうはいきません」


などと見事に歌った。

容姿はたいへんあかぬけていて、声も他に比べようがないぐらい(見事に)歌ったので、このように恐ろしい山の中へと帰っていくのを、人々は心惜しく皆泣いているのだが、まして幼い私は、遊女が去っていく侘しさ以上に、この宿を出てしまうことが心惜しく思う。

まだ夜明け前に足柄を越えた。まして(ふもとよりも)山の中が恐ろしかったことは言うまでもない。雲が足元にあるぐらい(の高さ)。山の中腹あたりの、木が少なくなってきたところに、葵が3本ほど生えているのを、人里離れたこのような山の中にも生えていることよ、と言って人々は感心している。水はその山には3箇所流れていた。

次ページ:単語解説

1ページへ戻る
前のページを読む
1/2
次のページを読む

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
佐竹昭広、前田金五郎、大野晋 編1990 『岩波古語辞典 補訂版』 岩波書店
『教科書 国語総合』 筑摩書房

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 29,676 pt 
 役に立った数 16 pt 
 う〜ん数 3 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。