新規登録 ログイン

9_80 文章の読み解き / 文章の読み解き

平家物語『能登殿最期・壇ノ浦の合戦』(およそ能登守教経の矢先に〜)の現代語訳・口語訳と解説

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
平家物語『能登殿最期』

ここでは、平家物語『能登殿最期』の「およそ能登守教経の矢先にまはる者こそなかりけれ〜」から始まる部分の現代語訳(口語訳)とその解説をおこなっています。書籍によっては「壇ノ浦の合戦」と題するものもあるようです。

原文

およそ能登守教経の矢先にまはる者こそなかりけれ。矢種のあるほど射尽くして、今日を最後とや思はれけん、赤地の錦の直垂に、唐綾縅の鎧着て、厳物作りの大太刀抜き、白柄の大長刀の鞘をはづし、左右に持つてなぎまはりたまふに、面を合はする者ぞなき。多くの者ども討たれにけり。新中納言、使者を立てて、

「能登殿、いたうな作りたまひそ。さりとてよき敵か。」


とのたまひければ、

「さては大将軍に組めごさんなれ。」


と心得て、打ち物茎短に取つて、源氏の船に乗り移り乗り移り、をめき叫んで攻め戦ふ。


判官を見知りたまはねば、物の具のよき武者をば、判官かと目をかけて馳せまはる。判官も先に心得て、表に立つやうにはしけれども、とかく違ひて、能登殿には組まれず。されどもいかがしたりけん、判官の船に乗り当たつて、あはやと目をかけて飛んでかかるに、判官かなはじとや思はれけん、長刀脇にかいばさみ、味方の船の二丈ばかり退いたりけるに、ゆらりと飛び乗りたまひぬ。能登殿は、早業や劣られたりけん、やがて続いても飛びたまはず。

つづき
「今はかうと思はれければ~」わかりやすい現代語訳と解説

現代語訳(口語訳)

およそ能登守教経の矢の前に立ち向かう者はいませんでした。手持ちの矢をあるだけ射尽くして、今日を最後ととお思いになったのでしょうか、赤字の錦の直垂に、唐綾縅の鎧を着て、いかめしい作りをした大太刀を抜き、白木の柄の大長刀の鞘をはずして、左右(の手)に持ってなぎ払って回られると、面と向かって立ち向かおうとする者はいません。(源氏の)多くの者たちが討たれました。新中納言は、(能登殿に)使者をやって、

「能登殿よ、あまり(人を殺して)罪をお作りなさるな。そのように立ち回るほどのよい敵ではあるまい。」


と仰られたので、(能登殿は)

「それでは大将軍(源義経)に組めというのだな。」


と理解して太刀や長刀の柄を短く持って、源氏の船に乗り移り乗り移りして、わめき叫んで攻め戦うのです。


(能登殿は)義経を見知っていらっしゃらないので、(身に着けている)武具の立派な武士こそ、義経かと目をつけて駆け回ります。義経も(能登殿のことに)既に気づいていて、(能登殿の)正面に立つようなことはしましたが、あれこれ行き違うようにして、能登殿とはお組になりません。しかしどうしたことでしょうか、義経の船に乗り当たって、それっと目をつけて飛びかかると、義経はかなわないとお思いになったのでしょうか、長刀を脇にはさんで、味方の船で6メートルほど離れていたのに、ひらりと飛び乗りなさいました。能登殿は、(このような)早業は(義経に)ひけをとられていたのでしょうか、すぐに続いては飛び乗りなさいません。

つづき
「今はかうと思はれければ~」わかりやすい現代語訳と解説

品詞分解

品詞分解はこちら
「およそ能登守教経の矢先に〜」の品詞分解

単語・文法解説

いたう形容詞「いたし」の連用形のウ音便
な作りたまひそ「な〜そ」で「〜してくれるな」
ごさんなれ連語:断定の助動詞「なり」の連用形「に」+係助詞「こそ」+補助動詞「あり」の連体形+推定伝聞の助動詞「なり」の已然形からなる「にこそあるなれ」の変化した形
判官源義経のこと

Tunagari_title
・平家物語『能登殿最期・壇ノ浦の合戦』(およそ能登守教経の矢先に〜)の現代語訳・口語訳と解説

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
佐竹昭広、前田金五郎、大野晋 編1990 『岩波古語辞典 補訂版』 岩波書店
NHK高校講座
『教科書 精選古典B』大修館

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 12,785 pt 
 役に立った数 12 pt 
 う〜ん数 1 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。