新規登録 ログイン
検索条件
タグ 更級日記

1

2

3

4

9_80
Text_level_1
更級日記『門出(東路の道の果て・あこがれ)』 ここでは、菅原孝標女の書いた更級日記の『門出』(東路の道の果てよりも〜)の現代語訳と解説を行っています。書籍によっては「東路の道の果て」、「あこがれ... (全て読む)
17_80
Text_level_1
国風文化の台頭 10世紀になると、貴族を中心とする文化が起こりました。これを国風文化と言います。 平仮名と片仮名の普及 国風文化を代表するものに、平仮名や片仮名を使った文学作品があります。 平仮... (全て読む)
9_80
Text_level_1
更級日記『門出(東路のあとに)』 更級日記『門出(東路のあとに)』でテストに出題されそうな問題をピックアップしていきます。 問題 次の文章を読み、設問に答えよ 東路の道の果てよりも、なほ奥つ方に... (全て読む)
9_80
Text_level_1
更級日記『門出(東路の道の果て・あこがれ)』 ここでは、菅原孝標女が書いた更級日記の『門出』(東路の道の果てよりも〜)の品詞分解を行っています。書籍によっては「東路の道の果て」、「あこがれ」と題... (全て読む)
9_80
Text_level_1
更級日記『物語・源氏の五十余巻』 ここでは、更級日記の中の一節『物語』の「かくのみ思ひくんじたるを〜」から始まる部分の現代語訳・口語訳とその解説をおこなっています。書籍によっては「源氏の五十余巻... (全て読む)
9_80
Text_level_1
更級日記『物語・源氏の五十余巻』 ここでは、更級日記の中の一節『物語』の「はしるはしる、わづかに見つつ〜」から始まる部分の現代語訳・口語訳とその解説をおこなっています。書籍によっては「源氏の五十... (全て読む)
9_80
Text_level_1
更級日記『物語・源氏の五十余巻』 ここでは、更級日記の中の一節『物語』の「かくのみ思ひくんじたるを」から始まる部分の品詞分解をおこなっています。書籍によっては「源氏の五十余巻」と題されるものもあ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに ここでは、更級日記の一節『足柄山』の現代語訳と解説をしています。 原文 足柄山といふは、四、五日かねて、恐ろしげに暗がり渡れり。 やうやう入り立つふもとのほどだに、空のけしき、 はかば... (全て読む)
9_80
Text_level_1
更級日記『源氏の五十余巻』 ここでは、更級日記の中の一節『物語』の「その春、世の中いみじう騒がしうて〜」から始まる部分の現代語訳・口語訳とその解説をおこなっています。書籍によっては「源氏の五十余... (全て読む)
9_80
Text_level_1
更級日記 物語 その春、世の中いみじうさわがしうて、松里のわたりの月かげあはれに見し乳母(めのと)も、三月ついたちになくなりぬ。せむかたなく思ひなげくに、物語のゆかしさもおぼえずなりぬ。いみじく... (全て読む)

1

2

3

4