新規登録 ログイン
検索条件
タグ 口語訳

1

2

3

4

9_80
Text_level_1
あくまでもイメージを掴む参考にしてください。 【原文】 この君の御童姿、いと変へまうく思せど、十二にて御元服したまふ。居起ち思しいとなみて、限りある事に事を添へさせたまふ。 一年の春宮の御元服、... (全て読む)
10_80
Text_level_1
史記『鴻門之会』 ここでは史記の中の『鴻門之会』(沛公旦日従百余騎〜)の書き下し文、現代語訳とその解説をおこなっています。ここから読み進める人は、ここまでのあらすじを把握していないとストーリーが... (全て読む)
9_80
Text_level_1
『祇園精舎』 このテキストでは、平家物語の冒頭「祇園精舎」の現代語訳と解説をしています。 原文(本文) 祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響き あり。沙羅双樹の花の色、盛者必衰の 理を あらはす。 お... (全て読む)
9_80
Text_level_1
伊勢物語『東下り・三河』 このテキストでは、平安時代初期に書かれた伊勢物語の9段「東下り」の「昔、男ありけり。その男、身をえうなきものに思ひなして〜」から始まる部分の現代語訳と解説をしています。... (全て読む)
10_80
Text_level_1
『先従隗始/先づ隗より始めよ』 ここでは、十八史略に記された「先従隗始/先づ隗より始めよ」の「燕人立太子平為君」から始まる部分の書き下し文と現代語訳・口語訳、そして文法の解説を行っています。この... (全て読む)
9_80
Text_level_1
伊勢物語『芥川・白玉か』 このテキストでは、平安時代初期に書かれた伊勢物語の『芥川』の「昔、男ありけり。女の、え得まじかりけるを〜」から始まる部分の現代語訳・口語訳とその解説をしています。書籍に... (全て読む)
9_80
Text_level_1
更級日記『門出(東路の道の果て・あこがれ)』 ここでは、菅原孝標女の書いた更級日記の『門出』(東路の道の果てよりも〜)の現代語訳と解説を行っています。書籍によっては「東路の道の果て」、「あこがれ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
『春は曙(あけぼの)』 このテキストでは、清少納言が書いた枕草子の中から、第一段「春はあけぼの〜」の現代語訳・口語訳とその解説を行っています。 原文(本文) 春は あけぼの。 やうやう白くなりゆ... (全て読む)
10_80
Text_level_1
『雑説』 ここでは、中国の文人であった韓愈の書いた雑説の書き下し文と現代語訳、そして文法の解説を行っています。雑説とは、特に題名をつけずに思ったことをつらつらと書いた文といったニュアンスのもので... (全て読む)
10_80
Text_level_1
史記『四面楚歌』 ここでは史記『項羽本紀』の中の『四面楚歌』(項王軍壁垓下〜)の書き下し文、現代語訳と解説をおこなっています。「四面楚歌」とは、「敵や反対する者に囲まれて孤立していること、または... (全て読む)

1

2

3

4