新規登録 ログイン

9_80 文章の読み解き / 文章の読み解き

伊勢物語『筒井筒』(昔、田舎わたらひしける人の〜)わかりやすい現代語訳と解説

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
伊勢物語『筒井筒』

このテキストでは、伊勢物語の「筒井筒」の「昔、田舎わたらひしける人の子ども〜」から始まる部分の現代語訳・口語訳と解説をしています。長いので2回にわけています。このテキストはその1回目です。

はじめに・あらすじ

この物語は、お互いにひかれあっていた幼馴染が、大きくなって結婚をしていく様、そして結婚してからの2人の関係を描いた物です。当時は通い婚といって、男女は一緒に住むのではなく男性が奥さんの家に通っていた(男性の食事や着物の世話は奥さんの家が行う)こと、そして一夫多妻制であったことを念頭に読むとわかりやすいでしょう。

原文(本文)

昔、田舎わたらひしける人の子ども、井のもとにいでて遊びけるを、おとなになりにければ、男も女も恥ぢかはしありけれど、男はこの女をこそと思ふ。女はこの男をと思ひつつ、親のあはすれども、聞かなむありける。さて、この隣の男のもとより、かくなむ、

筒井筒井筒にかけしまろがたけ過ぎにけらしな妹見ざるまに
  
女、返し、

くらべこし振り分け髪も肩過ぎぬ君ならずしてたれかあぐべき
  
など言ひ言ひて、つひに本意のごとくあひにけり。
※続く:「さて、年ごろ経るほどに〜」

現代語訳(口語訳)

昔、地方をまわって生計をたてていた人の子どもが、井戸の辺りに出て遊んでいたのですが、(2人とも)大人になったので、男も女も互いに恥ずかしがっていたのですが、男はこの女をぜひ自分のものにしたい(妻にしたい)と思っています。女はこの男を(夫にしたい)と思い続け、親が(他の男と)結婚させようとするのですが、それを聞き入れずにいました。さて、隣の家の男(主人公の男)からこのような(歌が届きました。)

井戸の囲いと背比べをした私の背は、もう囲いより高くなってしまったようです。あなたとお会いしていないうちに。

女の、返歌

(あなたと長さを)比べていた私の振り分け髪も、(長くなって)肩を過ぎました。あなた以外の誰のためにこの髪を結い上げましょうか。

などと言い交わして、ついに念願かなって結婚したのでした。

※続く:「さて、年ごろ経るほどに〜」

次ページ:品詞分解・単語解説とテストに出題されそうな問題

1ページへ戻る
前のページを読む
1/2
次のページを読む

Tunagari_title
・伊勢物語『筒井筒』(昔、田舎わたらひしける人の〜)わかりやすい現代語訳と解説

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
『教科書 国語総合』 桐原書店
『教科書 新編国語総合』 東京書籍
『教科書 精選国語総合』 東京書籍
佐竹昭広、前田金五郎、大野晋 編1990 『岩波古語辞典 補訂版』 岩波書店
『教科書 高等学校国語 国語総合』 東京書籍

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 443,846 pt 
 役に立った数 254 pt 
 う〜ん数 45 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!