新規登録 ログイン
検索条件
タグ 係り結びの法則

1

2

3

4

9_80
Text_level_1
係り結び ここでは 係り結びについて説明します。 係り結びとは、特定の言葉(Aとします)が特定の言葉(Bとします)の前後についたときに、Aの活用形が変化するという文法の法則のことです。係り結びを... (全て読む)
9_80
Text_level_1
土佐日記『帰京』(京に入り立ちてうれし~) このテキストでは、紀貫之が書いた土佐日記の「帰京」の「京に入り立ちてうれし~」から始まる部分の現代語訳・口語訳とその解説を行っています。日付でいうと二... (全て読む)
9_80
Text_level_1
伊勢物語『筒井筒』 このテキストでは、伊勢物語の23段「筒井筒」の「昔、田舎わたらひしける人の子ども〜」から始まる部分の現代語訳・口語訳とその解説をしています。3回にわけて解説していますが、この... (全て読む)
9_80
Text_level_1
徒然草『花は盛りに』 このテキストでは、兼好法師が書いた徒然草「花は盛りに」の「花は盛りに、月は隈なきをのみ見るものかは〜」から始まる部分の現代語訳・口語訳とその解説をしています。 原文(本文)... (全て読む)
1_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、古今和歌集に収録されている歌「思ひつつ寝ればや人の見えつらむ 夢と知りせば覚めざらましを」の現代語訳・口語訳と解説、品詞分解をしています。 原文 思ひつつ 寝ればや人... (全て読む)
9_80
Text_level_1
徒然草『花は盛りに』 このテキストでは、兼好法師が書いた徒然草の「花は盛りに」の「望月の隈なきを千里の外まで眺めたるよりも〜」から始まる部分の現代語訳・口語訳とその解説をしています。 ※前回のテ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
徒然草『神無月のころ』 このテキストでは、兼好法師が書いた徒然草の中から「神無月のころ」(神無月のころ、栗栖野といふ所を過ぎて、ある山里にたづね入ることはべりしに〜)の現代語訳・口語訳とその解説... (全て読む)
9_80
Text_level_1
竹取物語冒頭 ここでは、竹取物語の冒頭「今は昔、竹取の翁といふもの〜」から始まる部分の現代語訳・口語訳とその解説を行っています。書籍によっては、「かぐや姫の生い立ち」や「かぐや姫の成長」、「かぐ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
『名を聞くより』 このテキストでは、兼好法師の書いた徒然草の中の「名を聞くより」(名を聞くより、やがて面影は推し量らるる心地するを〜)の現代語訳・口語訳とその解説をしています。 読む前に知ってお... (全て読む)
1_80
Text_level_1
係り結び ここでは 係り結びについて説明します。 係り結びとは、特定の言葉(Aとします)が特定の言葉(Bとします)の前後についたときに、Aの活用形が変化するという文法の法則のことです。係り結びを... (全て読む)

1

2

3

4