新規登録 ログイン

1_80 古典:読み解き / 古文:文章の訳/読み解き

3分でわかる宇治拾遺物語「絵仏師良秀」の内容とポイント

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
宇治拾遺物語「絵仏師良秀」

このテキストでは、宇治拾遺物語の一節『絵仏師良秀』(これも今は昔、絵仏師良秀といふありけり〜)のポイント・要点を記しています。

ポイント・要点

・仏教の絵画や像を制作する絵仏師であった良秀は、自宅が火事となったときに、妻子を家に残して逃げ出し、家の燃える様をずっと眺めていた。

・火事を見つめつつ、笑いうなずく良秀を見て、見舞いに来た人々は驚き呆れたが、良秀は不動明王の背景の火炎をどのように描けばよいか納得できたと笑った。

・後に良秀が描いた絵は「良秀のよじり不動」として、人々の称賛を受けている。


詳しい現代語訳、解説と品詞分解

※詳しい現代語訳・口語訳とその解説はこちら
宇治拾遺物語『絵仏師良秀』わかりやすい現代語訳(口語訳)と解説

※品詞分解はこちら
『絵仏師良秀』の品詞分解
Related_title
もっと見る 

Keyword_title

Reference_title
『教科書 精選国語総合』 東京書籍
『教科書 高等学校国語 国語総合 古典編』 東京書籍
『教科書 高等学校 国語総合 古典編』 東京書籍

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 3,553 pt 
 役に立った数 6 pt 
 う〜ん数 2 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。