新規登録 ログイン

22_80 現代に生きる人間の倫理 / 近代民主主義と人権(モラリスト/社会契約説/カントなど)

イマニュエル・カント『「啓蒙とは何か」という問いに答える』

著者名: bheducate
Text_level_3
マイリストに追加
 『「啓蒙とは何か」という問いに答える』は、プロイセン王国の哲学者のイマニュエル・カントImmanuel Kant)による1784年の著作です。

内容

 カントは、多くの人間は他人から指導されなければ自分の知性を使う勇気を持てない状態(未成年状態)にとどまっていると捉えました。さらにその原因は、自分で自分の知性を使うという面倒なことをしたくないという怠慢さと、自分で自分の知性を使うことは極めて危険なことなのではないだろうかという臆病さにあると分析しました。しかし、人間はこの未成年状態にとどまっているべきではなく、このような状態から抜け出すことこそが啓蒙というものなのだとカントは主張しました。

“啓蒙とは何か。それは、人間が自分で招いた未成年状態から抜け出すことだ。未成年状態とは、他人の指導がなければ、自分の知性を使えない状態のことだ。人間がこの未成年状態にとどまっているのは、知性がないからではなく、他人の指導がなければ、自分の知性を使う決意も勇気も持てないからだ。つまり、人間は自己責任で未成年状態にとどまっているのだ。したがって、啓蒙の標語とでもいうものがあるならば、それは、「知る勇気を持て」、つまり、「自分の知性を使う勇気を持て」だ。”

Related_title
もっと見る 

Keyword_title

Reference_title
カント『永遠平和のために/啓蒙とは何か 他3編』(光文社古典新訳文庫)

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 2,190 pt 
 役に立った数 1 pt 
 う〜ん数 0 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。