新規登録 ログイン
検索条件
タグ カント

1

18_80
Text_level_2
近代哲学の発展 この時代以前、キリスト教中心の社会の中で、信仰と理性は融合すべきものという考え方が主流でした。 しかし、次第にこの2つを分離すべきだという主張がなされるようになり、近代哲学の新し... (全て読む)
18_80
Text_level_2
17〜18世紀のヨーロッパ文化で押さえておきたいポイント ※赤字部分が問題に出そうな部分です。赤色の暗記シートなどで隠して見てください。 科学 ・17世紀には、自然科学が急速に発達し、科学革命... (全て読む)
22_80
Text_level_1
◯人物  イマヌエル・カントは1724年、ドイツのケーニヒスベルクに生まれた哲学者。敬虔なキリスト教の家庭で育ち、母校のケーニヒスベルク大学で教鞭を執り、ほとんどこの地を離れること無く静かに暮ら... (全て読む)
22_80
Text_level_1
◯人物  イマヌエル・カントは1724年、ドイツのケーニヒスベルクに生まれた哲学者。まるで精巧な時計のように規則正しい生活を送っており、日課である午後三時半の散歩は、周囲の人がその姿を見て時計を... (全て読む)
22_80
Text_level_3
 『「啓蒙とは何か」という問いに答える』は、プロイセン王国の哲学者のイマニュエル・カント(Immanuel Kant)による1784年の著作です。 内容  カントは、多くの人間は他人から指導され... (全て読む)
22_80
Text_level_3
 『人類の歴史の憶測的な起源』は、プロイセン王国の哲学者であったイマニュエル・カント(Immanuel Kant)による1786年の著作です。カントが、聖書の記述を参考にしながら、人類の歴史の始... (全て読む)

1