新規登録 ログイン

9_80 ことば / 単語

古文単語「あやまたず/過たず」の意味・解説【連語】

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
あやまたず/過たず

このテキストでは、古文単語「あやまたず/過たず」の意味、解説とその使用例を記している。

成り立ち

タ行四段活用「あやまつ」の未然形「あやまた」と、打消の助動詞「ず」があわさったもの。
連語

意味

まちがいなく、ねらいどおりに

[出典]猫また 徒然草
「ある所にて夜更くるまで連歌して、ただひとり帰りけるに、小川の端にて、音に聞きし猫また、あやまたず、足許へふと寄り来て...」

[訳]:(この僧が)ある所で夜がふけるまで連歌をしてたった一人で帰ってきたところ、小川のほとりでうわさに聞いた猫またが、ねらいどおりに、(僧の)足元にさっと寄ってきて...


【弥生時代と縄文時代の比較・その違いについて解説】
Related_title
もっと見る 

Keyword_title

Reference_title
全訳読解古語辞典 第四版 三省堂
ベネッセ全訳古語辞典 改訂版 Benesse

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 5,404 pt 
 役に立った数 4 pt 
 う〜ん数 1 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。