manapedia
更新日時:
伊勢物語『月やあらぬ』の品詞分解
著作名: 走るメロス
70,916 views

またの年の正月に、梅の花盛りに、去年を恋ひて、行きて、立ちて見、ゐて見、見れど、去年に似るべくもあらず。


またの年
格助詞
正月
に、格助詞
格助詞
花盛り
に、格助詞
去年
格助詞
恋ひハ行上二段活用・連用形
て、接続助詞
行きカ行四段活用・連用形
て、接続助詞
立ちタ行四段活用・連用形
接続助詞
見、マ行上一段活用・連用形
ゐ、ワ行上一段活用・連用形
接続助詞
見、マ行上一段活用・連用形
見れマ行上一段活用・已然形
ど、接続助詞
去年
格助詞
似るナ行上一段活用・終止形
べく当然の助動詞・連用形
係助詞
あらラ行変格活用・未然形
ず。打消の助動詞・終止形



うち泣きて、あばらなる板敷に、月の傾くまで伏せりて、去年を思ひ出でて詠める。

うち泣きカ行四段活用・連用形
て、接続助詞
あばらなる形容動詞・ナリ活用・連体形
板敷
に、格助詞
格助詞
傾くカ行四段活用・連体形
まで副助詞
伏せサ行四段活用・已然形
存続の助動詞・連用形
て、接続助詞
去年
格助詞
思ひ出でダ行下二段活用・連用形
接続助詞
詠めマ行四段活用・已然形
る。完了の助動詞・連体形



「月やあらぬ春や昔の春ならぬわが身ひとつはもとの身にして」と詠みて、夜のほのぼのと明くるに、泣く泣く帰りにけり。

「月
係助詞
あらラ行変格活用・未然形
打消の助動詞・連体形
係助詞
格助詞
なら断定の助動詞・未然形
打消の助動詞・連体形
代名詞
格助詞
ひとつ
係助詞
もと
格助詞
断定の助動詞・連用形
して」接続助詞
格助詞
詠みマ行四段活用・連用形
て、接続助詞
格助詞
ほのぼのと副詞
明くるカ行下二段活用・連体形
に、格助詞
泣く泣く副詞
帰りラ行四段活用・連用形
完了の助動詞・連用形
けり。過去の助動詞・終止形


※現代語訳はこちら:伊勢物語『月やあらぬ』の現代語訳と解説

1ページ
前ページ
2/2
次ページ


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。