新規登録 ログイン
検索条件
タグ 和泉式部

1

9_80
Text_level_1
十訓抄『大江山の歌』 このテキストでは、十訓抄の一節『大江山の歌』(和泉式部、保昌が妻にて、丹後に下りけるほどに〜)の現代語訳・口語訳とその解説を記しています。十訓抄は鎌倉中期の説話集です。編者... (全て読む)
17_80
Text_level_1
国風文化の台頭 10世紀になると、貴族を中心とする文化が起こりました。これを国風文化と言います。 平仮名と片仮名の普及 国風文化を代表するものに、平仮名や片仮名を使った文学作品があります。 平仮... (全て読む)
9_80
Text_level_1
大江山の歌 このテキストでは、十訓抄の一節『大江山の歌』の品詞分解を記しています。書籍によっては『小式部内侍が大江山の歌の事』や『大江山』と題されているものもあるようです。同様の物語が古今著聞集... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、百人一首に収録されている歌「大江山いく野の道の遠ければまだふみも見ず天橋立」の原文、現代語訳・口語訳、品詞分解とその解説を記しています。作者は和泉式部の娘の小式部内侍... (全て読む)
9_80
Text_level_1
和泉式部日記『薫る香に』 このテキストでは、和泉式部日記の一節『薫る香に』の「夢よりもはかなき世の中を〜」から始まる部分の品詞分解を記しています。 [ad 001] ※和泉式部日記は、平安時代を... (全て読む)
9_80
Text_level_1
和泉式部日記『薫る香に』 ここでは和泉式部日記の中の『薫る香に』の「まだ端におはしましけるに〜」から始まる部分の品詞分解をしています。 前回のテキスト 「夢よりもはかなき世の中を〜」の品詞分解 ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
和泉式部と清少納言 このテキストでは、紫式部日記の一節『和泉式部と清少納言』(和泉式部といふ人こそおもしろう書きかはしける〜)の品詞分解を記しています。 ※紫式部日記は、平安時代に紫式部によって... (全て読む)
9_80
Text_level_1
くらし/暗し このテキストでは、ク活用の形容詞「くらし/暗し」の意味、活用、解説とその使用例を記しています。 [ad 001] 形容詞・ク活用 |未然形|くらく|くらから| |連用形|くらく|く... (全て読む)

1