manapedia
高校古文『あるものと忘れつつなほなき人をいづらと問ふぞ悲しかりける』わかりやすい現代語訳と品詞分解
著作名: 走るメロス
2,218 views
はじめに

このテキストでは、土佐日記の中の「二十七日。大津より浦戸をさして〜」から始まる部分に収録されている歌「あるものと忘れつつなほなき人をいづらと問ふぞ悲しかりける」の現代語訳・口語訳と解説、そして品詞分解をしています。

原文

あるものと忘れつつなほなき人をいづらと問ふぞ悲しかりける

ひらがなでの読み方

あるものとわすれつつなほなきひとをいづらととふぞかなしかりける

現代語訳

まだ生きているものだと(死んでしまったことを)忘れてはまた、依然として、亡くなった人(娘)を「どこにいるのか」と尋ねるのは悲しいことであるよ

解説

土佐日記によると、この歌は、高知県の大津から浦戸へと向かう船の中で紀貫之が詠んだものです。

紀貫之は土佐国に国司として赴任中、幼い娘を亡くしました。土佐日記は、任期を終えて土佐国から京都に戻る道中の出来事を日記風につづった作品ですが、京都への思い、そして亡くなった娘への愛情が特に印象的に記されています。この歌は、「都へと思ふをものの悲しきは帰らぬ人のあればなりけり」とともに、土佐日記の中で、娘を亡くしたことが最初に言及された箇所で詠まれた歌です。

死んでしまった娘がまだ生きているものと錯覚して、「どこにいるんだい」と尋ねてしまう親の悲痛な気持ちが表現されています。土佐日記ではこれらの歌の他にも、

忘れ貝拾ひしもせじ白玉を恋ふるをだにも形見と思はむ
生まれしも帰らぬものをわが宿に小松のあるを見るが悲しさ

などのように、娘への思いが込められた歌が多く登場します。

品詞分解

※名詞は省略してあります。

あるラ行変格活用「あり」の連体形
もの
格助詞
忘れラ行下二段活用「わする」の連用形
つつ接続助詞
なほ副詞
なきク活用の形容詞「なし」の連体形
格助詞
いづら代名詞
格助詞
問ふハ行四段活用「とふ」の連体形
係助詞
悲しかりシク活用の形容詞「かなし」の連用形
ける詠嘆の助動詞「けり」の連体形


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。