新規登録 ログイン

9_80 文法 / 文法

紫式部日記「女郎花」(渡殿の戸口の局に見出だせば〜)の品詞分解

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
紫式部日記「女郎花」

このテキストでは、紫式部日記「女郎花」(渡殿の戸口の局に見出だせば〜)の品詞分解を行っています。

品詞分解

※名詞は省略しています。

渡殿
格助詞
戸口
格助詞
格助詞
見出だせサ行四段活用「みいだす」の已然形
ば、接続助詞
ほの接頭語
うち接頭語
霧りラ行四段活用「きる」の連用形
たる存続の助動詞「たり」の連用形
格助詞
係助詞
まだ副詞
落ちタ行上二段活用「おつ」の未然形
打消の助動詞「ず」の連体形
に、格助詞
殿、
歩かカ行四段活用「ありく」の未然形
尊敬の助動詞「す」の連用形
給ひハ行四段活用「たまふ」の連用形
て、接続助詞
御随身
召しサ行四段活用「めす」の連用形
て、接続助詞
遣水
はらはハ行四段活用「はらふ」の未然形
使役の助動詞「す」の連用形
給ふ。ハ行四段活用「たまふ」の終止形
格助詞
なる存在の助動詞「なり」の連体形
女郎花
格助詞
いみじうシク活用の形容詞「いみじ」の連用形のウ音便
盛りなるナリ活用の形容動詞「さかりなり」のレン体型
を、格助詞
一枝
折らラ行四段活用「をる」の未然形
尊敬の助動詞「す」の連用形
給ひハ行四段活用「たまふ」の連用形
て、接続助詞
几帳
格助詞
より格助詞
さしのぞかカ行四段活用「さしのぞく」の未然形
尊敬の助動詞「す」の連用形
給へハ行四段活用「たまふ」の命令形
存続の助動詞「り」の連体形
御さま
の、格助詞
いと副詞
恥づかしげなるナリ活用の形容動詞「はづかしげなり」の連体形
に、接続助詞
代名詞
格助詞
朝顔
格助詞
思ひ知らラ行四段活用「おもひしる」の未然形
るれ自発の助動詞「る」の已然形
ば、接続助詞
「これ、代名詞
遅くク活用の形容詞「おそし」の連用形
接続助詞
係助詞
悪からク活用の形容詞「わろし」の未然形
む。」推量の助動詞「む」の終止形
格助詞
のたまはするサ行下二段活用「のたまはす」の連体形
格助詞
ことつけカ行下二段活用「ことつく」の連用形
て、接続助詞
格助詞
もと
格助詞
寄りラ行四段活用「よる」の連用形
ぬ。完了の助動詞「ぬ」の終止形
女郎花
盛り
格助詞
格助詞
見るマ行上一段活用「みる」の連体形
からに接続助詞
格助詞
わきカ行四段活用「わく」の連用形
ける過去の助動詞「けり」の連体形
こそ係助詞
知らラ行四段活用「しる」の未然形
るれ自発の助動詞「る」の已然形
「あな感動詞
疾。」ク活用の形容詞「とし」の語幹
格助詞
ほほ笑みマ行四段活用「ほほゑむ」の連用形
て、接続助詞
召し出づ。ダ行下二段活用「めしいづ」の終止形
白露
係助詞
わきカ行四段活用「わく」の連用形
接続助詞
係助詞
おかカ行四段活用「おく」の未然形
打消の助動詞「じ」の終止形
女郎花
から格助詞
断定の助動詞「なり」の連用形
係助詞
格助詞
染むマ行四段活用「しむ」の終止形
らむ原因推量の助動詞「らむ」の連体形


1ページへ戻る
前のページを読む
1/3
次のページを読む

Related_title
もっと見る 

Keyword_title

Reference_title
『教科書 精選古典B 古文編 Ⅱ部』東京書籍
ベネッセ全訳古語辞典 改訂版 Benesse
全訳読解古語辞典 第四版 三省堂

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 575 pt 
 役に立った数 1 pt 
 う〜ん数 1 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。