新規登録 ログイン

9_80 文法 / 文法

源氏物語「車争ひ」(日たけゆきて、儀式もわざとならぬ〜)の品詞分解

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
源氏物語「車争ひ」

このテキストでは、源氏物語に収録されている「車争ひ」(日たけゆきて、儀式もわざとならぬさまにて出でたまへり〜)の品詞分解をしています。

品詞分解

※名詞は省略しています。

たけゆきカ行四段活用「たけゆく」の連用形
て、接続助詞
儀式
係助詞
わざと副詞
なら断定の助動詞「なり」の未然形
打消の助動詞「ず」の連体形
さま
にて格助詞
出でダ行下二段活用「いづ」の連用形
たまへハ行四段活用「たまふ」の命令形
り。完了の助動詞「り」の終止形
係助詞
なうク活用の形容詞「なし」の連用形のウ音便
立ちわたりラ行四段活用「たちわたる」の連用形
たる存続の助動詞「たり」の連体形
に、接続助詞
よそほしうシク活用の形容詞「よそほし」の連用形のウ音便
引き続きカ行四段活用「ひきつづく」の連用形
接続助詞
立ちわづらふ。ハ行四段活用「たちわづらふ」の終止形
よきク活用の形容詞「よし」の連体形
女房車
多くク活用の形容詞「おほし」の連用形
て、接続助詞
雑々
格助詞
なきク活用の形容詞「なし」の連体形
格助詞
思ひ定めマ行下二段活用「おもひさだむ」の連用形
て、接続助詞
さし退けカ行下二段活用「さしのく」の未然形
さする使役の助動詞「さす」の連体形
に、格助詞
網代
格助詞
すこし副詞
なれラ行下二段活用「なる」の連用形
たる存続の助動詞「たり」の連体形
が、格助詞
下簾
格助詞
さま
など副助詞
よしばめマ行四段活用「よしばむ」の命令形
存続の助動詞「り」の連体形
に、接続助詞
いたう副詞
引き入りラ行四段活用「ひきいる」の連用形
て、接続助詞
ほのかなるナリ活用の形容動詞「ほのかなり」の連体形
袖口、
裳の裾、
汗衫
など、副助詞
格助詞
色、
いと副詞
清らにナリ活用の形容動詞「きよらなり」の連用形
て、接続助詞
ことさらにナリ活用の形容動詞「ことさらなり」の連用形
やつれラ行下二段活用「やつる」の連用形
たる存続の助動詞「たり」の連体形
けはひ
しるくク活用の形容詞「しるし」の連用形
見ゆるヤ行下二段活用「みゆ」の連体形
車、
二つ
あり。ラ行変格活用「あり」の終止形


1ページへ戻る
前のページを読む
1/2
次のページを読む

Tunagari_title
・源氏物語「車争ひ」(日たけゆきて、儀式もわざとならぬ〜)の品詞分解

Related_title
もっと見る 

Keyword_title

Reference_title
全訳読解古語辞典 第四版 三省堂
『教科書 精選古典B 古文編 Ⅱ部』東京書籍
ベネッセ全訳古語辞典 改訂版 Benesse

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 11,101 pt 
 役に立った数 22 pt 
 う〜ん数 5 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。