新規登録 ログイン
検索条件
タグ 車争ひ

1

2

3

4

9_80
Text_level_1
源氏物語「車争ひ」 このテキストでは、源氏物語に収録されている「車争ひ」(大殿には、かやうの御歩きも〜)の現代語訳・口語訳とその解説をしています。 原文・本文 (※1)大殿には、かやうの(※2)... (全て読む)
9_80
Text_level_1
源氏物語「車争ひ」 このテキストでは、源氏物語に収録されている「車争ひ」(日たけゆきて、儀式もわざとならぬさまにて出でたまへり〜)の現代語訳・口語訳とその解説をしています。 ※前回のテキスト: ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
源氏物語「車争ひ」 このテキストでは、源氏物語に収録されている「車争ひ」(大殿には、かやうの御歩きも〜)の品詞分解をしています。 ※現代語訳: 源氏物語「車争ひ」(大殿には、かやうの御歩きも〜)... (全て読む)
9_80
Text_level_1
源氏物語「車争ひ」 このテキストでは、源氏物語に収録されている「車争ひ」(日たけゆきて、儀式もわざとならぬさまにて出でたまへり〜)の品詞分解をしています。 品詞分解 ※名詞は省略しています。 |... (全て読む)
9_80
Text_level_1
源氏物語「車争ひ」 このテキストでは、源氏物語に収録されている「車争ひ」(斎宮の御母御息所、もの思し乱るる慰めにもやと〜)の現代語訳・口語訳とその解説をしています。 ※前回のテキスト: 「車争ひ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
源氏物語「車争ひ」 このテキストでは、源氏物語に収録されている「車争ひ」(物も見で帰らむとしたまへど、通り出でむ隙もなきに)の現代語訳・口語訳とその解説をしています。 ※前回のテキスト: 車争ひ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
をさをさ 副詞 意味1 (下に打消の語をともなって) なかなか、ほとんど、めったに。 [出典]: 車争ひ 源氏物語 「大殿には、かやうの御歩きもをさをさしたまはぬに、御心地さへ悩ましければ、思し... (全て読む)
9_80
Text_level_1
なやまし/悩まし 形容詞・シク活用 |未然形|なやましく|なやましから| |連用形|なやましく|なやましかり| |終止形|なやまし|◯| |連体形|なやましき|なやましかる| |已然形|なやまし... (全て読む)
9_80
Text_level_1
おぼしかく/思し懸く/思し掛く カ行下二段活用 |未然形|おぼしかけ| |連用形|おぼしかけ| |終止形|おぼしかく| |連体形|おぼしかくる| |已然形|おぼしかくれ| |命令形|おぼしかけよ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
ひきしのぶ/引き忍ぶ 「ひきしのぶ/引き忍ぶ」には ①バ行四段活用 ②バ行上二段活用 の用法があるが、意味はどちらも同じである。 ①バ行四段段活用 |未然形|ひきしのば| |連用形|ひきしのび|... (全て読む)

1

2

3

4