新規登録 ログイン

9_80 文法 / 文法

伊勢物語『紫/武蔵野の心』(むかし、女はらから二人ありけり〜)の品詞分解

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
伊勢物語『紫/武蔵野の心』

このテキストでは、伊勢物語の第41段『紫/武蔵野の心』(むかし、女はらから二人ありけり〜)の品詞分解を記しています。書籍によっては「むさしのの心」や「女はらから」などと題するものもあります。



※伊勢物語は平安時代初期に書かれた歌物語です。作者は未詳ですが、在原業平がモデルではないかと言われています。
品詞分解

※名詞は省略しています。


むかし、女はらから二人ありけり。一人はいやしき男のまづしき、一人はあてなる男もたりけり。いやしき男もたる、十二月のつごもりに、うへのきぬを洗ひて、手づから張りけり。

むかし、
女はらから
二人
あり ラ行変格活用「あり」の連用形
けり。過去の助動詞「けり」の終止形
一人
計上
いやしきシク活用の形容詞「いやし」の連体形
格助詞
貧しき、シク活用の形容詞「まどし」の連体形
一人
係助詞
あてなるナリ活用の形容動詞「あてなり」の連体形
もたりラ行変格活用「もたり」の連用形
けり。過去の助動詞「けり」の終止形
いやしきシク活用の形容詞「いやし」の連体形
もたる、ラ行変格活用「もたり」の連体形
しはす
格助詞
つごもり
に、格助詞
うへのきぬ
格助詞
洗ひハ行四段活用「あらふ」の連用形
て、接続助詞
手づから副詞
張りラ行四段活用「はる」の連用形
けり。過去の助動詞「けり」の終止形



心ざしはいたしけれど、さるいやしきわざも習はざりければ、うへのきぬの肩を張り破りてけり。せむ方もなくて、ただ泣きに泣きけり。

心ざし
係助詞
いたしサ行四段活用「いたす」の連用形
けれ過去の助動詞「けり」の已然形
ど、接続助詞
さる連体詞またはラ行変格活用「さり」の連体形
いやしきシク活用の形容詞「いやし」の連体形
わざ
係助詞
ならはハ行四段活用「ならふ」の未然形
ざり打消の助動詞「ず」の連用形
けれ過去の助動詞「けり」の已然形
ば、接続助詞
うへのきぬ
格助詞
格助詞
張り破りラ行四段活用「はりやる」の連用形
完了の助動詞「つ」の連用形
けり。過去の助動詞「けり」の終止形
せむ方名詞またはサ行変格活用「す」の未然形「せ」+推量の助動詞「む」の連体形「む」+名詞「方」
係助詞
なくク活用の形容詞「なし」の連用形
て、接続助詞
ただ副詞
泣きカ行四段活用「なく」の連用形
格助詞
泣きカ行四段活用「なく」の連用形
けり。過去の助動詞「けり」の終止形



これをかのあてなる男聞きて、いと心ぐるしかりければ、いと清らなる緑衫のうへのきぬを見いでてやるとて、

これ代名詞
を、格助詞
代名詞
格助詞
あてなるナリ活用の形容動詞「あてなり」の連体形
聞きカ行四段活用「きく」の連用形
て、接続助詞
いと副詞
心苦しかりシク活用の形容詞「こころぐるし」の連用形
けれ過去の助動詞「けり」の已然形
ば、接続助詞
いと副詞
清らなる形容動詞「きよらなり」の連体形
緑衫(ろうさう)
格助詞
うへのきぬ
格助詞
見出でダ行下二段活用「みいづ」の連用形
接続助詞
やるラ行四段活用「やる」の連体形
とて、格助詞または格助詞「と」+接続助詞「て」



「むらさきの色こき時はめもはるに野なる草木ぞわかれざりける」武蔵野の心なるべし。

「むらさき
格助詞
こきク活用の形容詞「こし」の連体形
係助詞
係助詞
はるに副詞またはナリ活用の形容動詞「はるなり」の連用形
なる断定の助動詞「なり」の連体形
草木
係助詞(係り結び)
わかれラ行下二段活用「わかる」の未然形またはカ行四段活用「わく」の未然形「わか」+可能の助動詞「る」の未然形
ざり打消の助動詞「ず」の連用形
ける」詠嘆の助動詞「けり」の連体形(係り結び)
武蔵野
格助詞
なる断定の助動詞「なり」の連体形
べし。推量の助動詞「べし」の終止形

Related_title
もっと見る 

Keyword_title

Reference_title
全訳読解古語辞典 第四版 三省堂
ベネッセ全訳古語辞典 改訂版 Benesse

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 4,412 pt 
 役に立った数 6 pt 
 う〜ん数 3 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。