manapedia
更新日時:
伊勢物語『東下り・すみだ河』(なほ行き行きて〜)の品詞分解
著作名: 走るメロス
209,910 views
伊勢物語『東下り・すみだ河』

このテキストでは、伊勢物語「東下り」の「なほ行き行きて、武蔵の国と下総の国との中に、いと大きなる河あり〜」から始まる部分の品詞分解を記しています。



※現代語訳はこちら:「なほ行き行きて、武蔵の国と下総の国との仲に、いと大きなる河あり〜」の現代語訳

※伊勢物語は平安時代初期に書かれた歌物語です。作者は未詳ですが、在原業平がモデルではないかと言われています。
品詞分解

※名詞は省略しています。

なほ行き行きて、武蔵の国と下総の国との中に、いと大きなる河あり。それをすみだ河といふ。

なほ副詞
行きカ行四段活用・連用形
行きカ行四段活用・連用形
て、接続助詞
武蔵の国
格助詞
下総の国
格助詞
格助詞
に、格助詞
いと副詞
大きなる形容動詞・ナリ活用・連体形
あり。ラ行変格活用・終止形
それ代名詞
格助詞
すみだ河
格助詞
いふ。ハ行四段活用・終止形



その河のほとりにむれゐて、思ひやればかぎりなく遠くも来にけるかなと、わびあへるに、渡守、「はや舟に乗れ。日も暮れぬ。」といふに、乗りて渡らむとするに、皆人ものわびしくて、京に、思ふ人なきにしもあらず。

代名詞
格助詞
格助詞
ほとり
格助詞
むれゐワ行上一段活用・連用形
て、接続助詞
「思ひやれラ行四段活用・已然形
接続助詞
かぎりなく形容詞・ク活用・連用形
遠く形容詞・ク活用・連用形
係助詞
カ行変格活用・連用形
完了の助動詞・連用形
ける過去の助動詞・連体形
かな。」詠嘆の終助詞
と、格助詞
わびバ行上二段活用・連用形
あへハ行四段活用・已然形または命令形
存続の助動詞・連体形
に、接続助詞
渡し守、
「はや副詞
格助詞
乗れ。ラ行四段活用・命令形
係助詞
暮れラ行下二段活用・連用形
ぬ。」強意の助動詞・終止形
格助詞
いふハ行四段活用・連体形
に、接続助詞
乗りラ行四段活用・連用形
接続助詞
渡らラ行四段活用・未然形
意志の助動詞・終止形
格助詞
するサ行変格活用・連体形
に、接続助詞
みな人
ものわびしく形容詞・シク活用・連用形
て、接続助詞
に、格助詞
思ふハ行四段活用・連体形
なき形容詞・ク活用・連体形
断定の助動詞・連用形
しも副助詞
あらラ行変格活用・未然形
ず。打消の助動詞・終止形



1ページ
前ページ
1/2
次ページ


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。