manapedia
更新日時:
大鏡『菅原道真の左遷(東風吹かば)』の品詞分解
著作名: 走るメロス
101,669 views
『菅原道真の左遷(東風吹かば)』

ここでは、大鏡の「時平」から、「醍醐の帝の御時、この大臣、左大臣の位にて年いと若くておはします〜」から始まる部分の品詞分解をしています。書籍によっては、『菅原道真の左遷』や『東風吹かば』などと題するものもあるようです。



※現代語訳:大鏡『菅原道真の左遷(東風吹かば)』の現代語訳と解説

※大鏡は平安時代後期に成立したとされる歴史物語です。藤原道長の栄華を中心に、宮廷の歴史が描かれています。

品詞分解

※名詞は省略しています。


醍醐の帝の御時、この大臣、左大臣の位にて年いと若くておはします。菅原の大臣、右大臣の位にておはします。その折、帝御年いと若くおはします。

醍醐の帝
格助詞
御時、
代名詞
格助詞
大臣、
左大臣
格助詞
断定の助動詞・連用形
接続助詞
いと副詞
若く形容詞・ク活用・連用形
接続助詞
おはします。補助動詞・サ行四段活用・終止形・尊敬語
菅原の大臣、
右大臣
格助詞
断定の助動詞・連用形
接続助詞
おはします。補助動詞・サ行四段活用・終止形・尊敬語
代名詞
格助詞
折、
御年
いと副詞
若く形容詞・ク活用・連用形
おはします。補助動詞・サ行四段活用・終止形・尊敬語



左右の大臣に世の政を行ふべきよし宣旨下さしめ給へりしに、その折、左大臣、御年二十八、九ばかりなり。右大臣の御年五十七、八にやおはしましけむ。

左右
格助詞
大臣
格助詞
格助詞
格助詞
行ふハ行四段活用・終止形
べき命令の助動詞・連体形
よし
宣旨
下さサ行四段活用・未然形
しめ尊敬の助動詞・連用形
給へ補助動詞・ハ行四段活用・已然形・尊敬語
完了の助動詞・連用形
過去の助動詞・連体形
に、接続助詞
代名詞
格助詞
折、
左大臣、
御年二十八、九
ばかり副助詞
なり。断定の助動詞・終止形
右大臣
格助詞
御年五十七、八
断定の助動詞・連用形
係助詞
おはしまし補助動詞・サ行四段活用・連用形・尊敬語
けむ。過去推量の助動詞・連体形



ともに世の政をせしめ給ひしあひだ、右大臣は才よに優れめでたくおはしまし、御心おきても、ことのほかにかしこくおはします。

ともに副詞
格助詞
格助詞
サ行変格活用・未然形
しめ尊敬の助動詞・連用形
給ひ補助動詞・ハ行四段活用・連用形・尊敬語
過去の助動詞・連体形
あひだ、
右大臣
係助詞
世に副詞
優れラ行下二段活用・連用形
めでたく形容詞・ク活用・連用形
おはしまし、補助動詞・サ行四段活用・連用形・尊敬語
御心おきて
も、係助詞
ことのほかに形容動詞・ナリ活用・連用形
かしこく形容詞・ク活用・連用形
おはします。補助動詞・サ行四段活用・終止形・尊敬語


【菅原道真が左遷された理由とは?】


1ページ
前ページ
1/3
次ページ


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。