manapedia
更新日時:
『ありがたきもの』 枕草子 わかりやすい現代語訳と解説
著作名: 走るメロス
145,702 views
はじめに

このテキストでは、清少納言が書いた枕草子の中から「ありがたきもの」の現代語訳・口語訳とその解説を記しています。



※「ありがたきもの」と聞いて、現代語での「ありがたいもの」と解釈しないように注意しましょう。古典で「ありがたし」は「めったにないもの」の意味です。

※清少納言は平安時代中期の作家・歌人です。一条天皇の皇后であった中宮定子に仕えました。そして枕草子は、兼好法師の『徒然草』、鴨長明の『方丈記』と並んで「古典日本三大随筆」と言われています。
原文

(※1)ありがたきもの(※2)舅ほめらるる婿。また、(※3)姑に思はるる嫁の君。毛のよく抜くる銀の毛抜。主(※4)そしらぬ従者。(※5)つゆのくせなき(※6)かたち心ありさますぐれ、世にる程、いささか(※7)疵(きず)なき。



同じ所に住む人の、かたみに恥ぢかはしいささか(※8)ひまなく用意したりと思ふが、つひに見えぬこそ(※9)かたけれ。物語、集など書き写すに、本に墨つけぬ。よき草子などはいみじう心して書けど、必ず(※10)こそ汚げになるめれ

男女をば言はじ、女どちも、契り深く語らふ人の、末までなかよき人、難し

現代語訳

めったにないもの。舅にほめられる婿。また、姑に思われるお嫁さん。毛がよく抜ける銀の毛抜き。主人のことを悪く言わない従者。少しも癖のない(人)。容姿や気立て、態度が秀でており、世の中を過ごす間に、少しも欠点のない人。



同じところに(宮仕えして)住む人で、互いに気兼ねして、ほんの少しの油断もなく心づかいしていると思う人が、最後まで(隙を人に)見られないということはめったにない。物語や説話集などを書き写すのに、本に墨をつけないこと(もめったにない)。価値のある本などのときには大変注意して書くのだが、必ず汚らしくなってしまうようだ。

男女(の仲)については言うまでもないが、女同士でも、約束を固くして親しく付き合っている人で、最後まで仲の良い人というのは、めったにない。

次ページ:品詞分解・単語・文法解説


1ページ
前ページ
1/2
次ページ


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。