manapedia
更新日時:
枕草子『中納言参りたまひて』わかりやすい現代語訳と解説(あらすじ・敬語の向き)
著作名: 走るメロス
1,162,429 views
枕草子『中納言参りたまひて』の現代語訳・敬語の向きまでしっかり解説

このテキストでは、枕草子の一節「中納言参りたまひて」(中納言参りたまひて、御扇奉らせたまふに~)の原文、現代語訳・口語訳とその解説、そして敬語の向きについて記しています。敬語の向きについては最後に記しています。



枕草子とは

枕草子清少納言によって書かれたとされる随筆です。清少納言は平安時代中期の作家・歌人で、一条天皇の皇后であった中宮定子に仕えました。ちなみに枕草子は、兼好法師の『徒然草』、鴨長明の『方丈記』と並んで「古典日本三大随筆」と言われています。


この物語の要約・おもしろさ・あらすじ

 この物語には主語の無い敬語が多く、しかも、敬語の向きや文意が読み取りにくいので注意が必要です。敬語の向きについては、このテキストの後半か、品詞分解のテキストで詳しく解説していますので、学習状況に応じて確認してみてください。

この物語は、藤原隆家が清少納言たちに「珍しい骨を手に入れた」と自慢をしにくるところから始まります。その話を聞いた清少納言は「これまで見たことのない素晴らしい骨だなんて言ってるけど、本当はくらげの骨なんじゃないの?(くらげに骨なんかありませんけど)」と気の利いたことを藤原隆家に言いました。

すると藤原隆家は「そのコメントもらった!」と言って清少納言のコメントを自分のものにしてしまいました。さらっと口にしたことが目上の人に感心されたという自慢話を書くようできまりが悪いので、本当はそのことを隠しておきたいのだけど、人々がきちんと書いて記録しておくようにと言うので、清少納言は悩んでいるのです。



原文

(※1)中納言(※2)参りたまひて、御扇(※3)奉らせたまふに、

「隆家(※4)こそいみじき骨はてはべれ。それをはらせて(※5)参らせとするに、(※6)おぼろけの紙は(※7)え張るまじければ、(※8)求めはべるなり。」


(※9)申したまふ

いかやうにかある。」


(※10)問ひ聞こえさせたまへば

「すべて(※11)いみじうはべり。『(※12)さらにまだ見ぬ骨のさまなり。』となむ(※13)人々申すまことにかばかりのは見えざりつ。」


と、(※14)言高くのたまへ

さては、扇のにはあらで、海月の(※15)ななり。」


(※16)聞こゆれば、

「これは隆家が言にしてむ。」


とて(※17)笑ひたまふ





(※18)かやうのことこそは、かたはらいたきことのうちに入れつべけれど、

「一つ(※19)な落とし。」


と言へば、いかがはせむ。




現代語訳(口語訳)

中納言が参上なさって、(中宮定子様に)扇を献上なさるときに、

「(私)隆家は素晴らしい骨を手に入れております。それに(紙を)張らせて(中宮様に)さしあげようと思うのですが、ありきたりな紙を張ることはできないので、(それ相応の紙を)探しているのです。」


と申し上げなさいます。(中宮様が)

「(その骨は)どのような物なのですか。」


とお尋ね申し上げなさると、





(中納言は)
「すべてが素晴らしいです。『まったく今まで見たことのない骨の様子です。』と人々が申します。本当にこれほどの(骨)は見たことがありません。」


と声を大きくおっしゃるので、(私が)

「それでは、扇の(骨)ではなくて、くらげの(骨)のようですね。」


と申し上げると、(中納言は)

「これは隆家が言ったことにしてしまおう。」


といってお笑いになります。





このようなことは、(書かないで)きまりが悪いことの中に入れておくべきですが、

「1つも書き漏らしてはいけない。」


と(周囲の人々が私に)言うので、どうしたものだろうか、いやどうしようもない(ので書き記しておきます)。


次ページ:品詞分解・敬語の向き・その他解説とテストに出題されそうな問題




1ページ
前ページ
1/2
次ページ


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。