新規登録 ログイン
検索条件
タグ 渚の院

1

2

3

4

9_80
Text_level_1
伊勢物語『渚の院』 このテキストでは、伊勢物語の82段『渚の院』(昔、惟喬親王と申す親王おはしましけり)の現代語訳・口語訳とその解説を記しています。 [ad 001] ※伊勢物語は平安時代初期に... (全て読む)
9_80
Text_level_1
伊勢物語『渚の院』 このテキストでは、伊勢物語の82段『渚の院』(昔、惟喬親王と申す親王おはしましけり〜)の品詞分解を記しています。 [ad 001] ※現代語訳: 伊勢物語『渚の院(昔、惟喬親... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、伊勢物語の第82段「 渚の院」に収録されている歌「散ればこそいとど桜はめでたけれ憂き世になにか久しかるべき」の原文、現代語訳・口語訳と解説、そしてその品詞分解を記して... (全て読む)
1_80
Text_level_1
伊勢物語『渚の院』 ここでは伊勢物語の『渚の院』(昔、惟喬親王と申す親王おはしましけり〜)の内容とポイントを記しています。 [ad 001] ※詳しい現代語訳・口語訳とその解説はこちら 伊勢物語... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、古今和歌集や伊勢物語の第82段「 渚の院」に収録されている歌「狩り暮らしたなばたつめに宿からむ天の河原に我は来にけり」の原文、現代語訳・口語訳と解説(句切れ/掛詞など... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、古今和歌集や伊勢物語の第82段「 渚の院」に収録されている歌「ひととせにひとたび来ます君待てば宿かす人もあらじとぞ思ふ」の原文、現代語訳・口語訳と解説、そしてその品詞... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、古今和歌集や伊勢物語の第82段「 渚の院」に収録されている歌「飽かなくにまだきも月の隠るるか山の端逃げて入れずもあらなむ」の原文、現代語訳・口語訳と解説、そしてその品... (全て読む)
9_80
Text_level_1
淀川 二月九日 九日。心許なさに、明けぬから、船を曳きつつ上れども、川の水なければ、ゐざりにのみぞゐざる。 この間に、和田の泊のあかれの所といふ所あり。米、魚など乞へば、行ひつ。 かくて、船曳き... (全て読む)
9_80
Text_level_1
かへすがへす/返す返す このテキストでは、古文単語「かへすがへす/返す返す」の意味、解説とその使用例を記している。 [ad 001] ※「かへすかへす」と読む場合もある。 副詞 意味1 繰り返し... (全て読む)
9_80
Text_level_1
さだむ/定む このテキストでは、マ行下二段活用の動詞「さだむ/定む」の意味、活用、解説とその使用例を記している。 [ad 001] マ行下二段活用 |未然形|さだめ| |連用形|さだめ| |終止... (全て読む)

1

2

3

4