新規登録 ログイン
検索条件
タグ 卜部兼好

1

2

3

4

9_80
Text_level_1
徒然草『丹波に出雲といふ所あり』 このテキストでは、兼好法師が書いた徒然草に収録されている「丹波に出雲といふ所あり」の現代語訳・口語訳とその解説をしています。 原文 (※1)丹波に出雲と云ふ所あ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
『九月二十日のころ(九月廿日のころ)』 このテキストでは、兼好法師が書いた徒然草に収録されている「九月二十日のころ」の現代語訳・口語訳とその解説をしています。 原文 (※1)九月二十日のころ、あ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
『名を聞くより』 このテキストでは、兼好法師の書いた徒然草の中の「名を聞くより」(名を聞くより、やがて面影は推し量らるる心地するを〜)の現代語訳・口語訳とその解説をしています。 読む前に知ってお... (全て読む)
9_80
Text_level_1
『亀山殿の御池に』 このテキストでは、兼好法師が書いた徒然草に収録されている「亀山殿の御池に」(亀山殿の御池に、大井川の水をまかせられむとて〜)の現代語訳・口語訳とその解説をしています。 原文(... (全て読む)
9_80
Text_level_1
『今日はそのことをなさんと思へど』 このテキストでは、兼好法師が書いた徒然草の中から、「今日はそのことをなさんと思へど」(今日はその事をなさんと思へど、あらぬ急ぎ先づ出で来て紛れ暮し〜)の現代語... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、兼好法師が書いた徒然草の中から、「雪のおもしろう降りたりし朝」(雪のおもしろう降りたりし朝、人のがり言ふべき事ありて〜)の現代語訳・口語訳とその解説をしています。 原... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、兼好法師が書いた徒然草の中から、「猫また」(奥山に、猫またといふものありて〜)の現代語訳・口語訳とその解説をしています。 原文 「奥山に、猫またといふもの ありて、人... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、兼好法師が書いた徒然草に収録されている「陸奥守泰盛は」(城陸奥守泰盛は、双なき馬乗りなりけり〜)の現代語訳・口語訳とその解説をしています。 原文 城陸奥守泰盛は、 双... (全て読む)
9_80
Text_level_1
徒然草『世に語り伝ふること』 ここでは、徒然草の中の『世に語り伝ふること』の品詞分解を行っています。 品詞分解 ※名詞は省略しています。 世 に(格助詞) 語り伝ふる(ハ行下二段活用・連体形) ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
『うつくしきもの』 このテキストでは、清少納言が書いた枕草子の中の「うつくしきもの」の現代語訳・口語訳とその解説をしています。 原文 うつくしきもの。瓜にかぎたるちごの顔。すずめの子の、 ねず鳴... (全て読む)

1

2

3

4


知りたいことを検索!