新規登録 ログイン

9_80 ことば / 単語

古文単語「おくやま/奥山」の意味・解説【名詞】

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
おくやま/奥山

このテキストでは、古文単語「おくやま/奥山」の意味、活用、解説とその使用例を記しています。


名詞

意味

人里離れた奥深い山

[出典]百人一首 猿丸大夫
奥山にもみぢ踏み分け鳴く鹿の声聞く時ぞ秋は悲しき」

[訳]人里離れた奥深い山で紅葉を踏み分けて鳴いている鹿の声を聞くときこそ、秋は悲しい(と感じられることだよ。)

Related_title
もっと見る 

Keyword_title

Reference_title
ベネッセ全訳古語辞典 改訂版 Benesse
全訳読解古語辞典 第四版 三省堂

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 160 pt 
 役に立った数 0 pt 
 う〜ん数 0 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。