新規登録 ログイン
検索条件
タグ 百人一首

1

2

3

4

9_80
Text_level_1
百人一首(60)小式部内侍/歌の意味と読み、現代語訳、単語 大江山いく野の道の遠ければまだふみも見ず天橋立 このテキストでは、 百人一首に収録されている歌「大江山いく野の道の遠ければまだふみも見... (全て読む)
9_80
Text_level_1
百人一首(7)阿倍仲麿/歌の意味と読み、現代語訳、単語、品詞分解 天の原 ふりさけ見れば 春日なる 三笠の山に 出でし 月かも このテキストでは、 百人一首や古今和歌集に収録されている歌「天の原... (全て読む)
9_80
Text_level_1
百人一首(14)河原左大臣/歌の意味と読み、現代語訳、単語、品詞分解 陸奥のしのぶもぢずり誰ゆゑに乱れそめにし我ならなくに このテキストでは、 百人一首や古今和歌集、 伊勢物語などに収録されてい... (全て読む)
9_80
Text_level_1
百人一首(30)壬生忠岑/歌の意味と読み、現代語訳、単語、品詞分解 有明の つれなく見えし 別れより 暁ばかり 憂きものはなし このテキストでは、 百人一首に収録されている歌「有明のつれなく見え... (全て読む)
9_80
Text_level_1
百人一首(12)遍昭/歌の意味と読み、現代語訳、単語、品詞分解 天つ風 雲のかよひ路 吹きとぢよ をとめの姿 しばしとどめむ このテキストでは、 百人一首に収録されている歌「天つ風雲の通ひ路吹き... (全て読む)
9_80
Text_level_1
ちはやぶる/千早振る ①連体詞 意味 勢いが強い、荒々しい。 [出典]:古事記 「この沼の中に住める神、いとちはやぶる神なり。」 [訳]:この沼の中に住んでいる神は、たいそう荒々しい神である。 ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
からくれなゐ/韓紅/唐紅 このテキストでは、古文単語「からくれなゐ/韓紅/唐紅」の意味、解説とその使用例を記している。 [ad 001] 名詞 意味 韓から伝わった紅であざやかな紅色、深い鮮やか... (全て読む)
9_80
Text_level_1
かみよ/神代/神世 このテキストでは、古文単語「かみよ/神代/神世」の意味、解説とその使用例を記している。 [ad 001] ※「かむよ」、「じんだい」とも。 名詞 意味 神々が国を治めた時代。... (全て読む)
9_80
Text_level_1
ほす/干す/乾す このテキストでは、サ行四段活用の動詞「ほす/干す/乾す」の意味、活用、解説とその使用例を記している。 [ad 001] サ行四段活用 |未然形|ほさ| |連用形|ほし| |終止... (全て読む)
9_80
Text_level_1
百人一首(93) 世の中は 常にもがもな 渚さこぐ あまの小舟の 綱手かなしも このテキストでは、百人一首に収録されている歌「世の中は つねにもがもな なぎさこぐ あまの小舟の 綱手かなしも」の... (全て読む)

1

2

3

4